駐車場を探す

ご利用ガイド

おすすめ情報

駐車場を貸す

法人のお客様

サポート

パーク24グループサービス

駒沢オリンピック公園近くの予約できる駐車場

駒沢オリンピック公園近くの予約できる駐車場

駒沢オリンピック公園

知っておきたい!
駐車場選びのポイント

サービス
駒沢オリンピック公園駐車場(公式)では、4つの駐車場があります。時間毎の料金がそれぞれ異なるため注意が必要です。
イベント
夏の体育祭や大会、平日のジョギング、休日のクラブ活動など様々な用途で使用される公園です。
その他
タイムズのBなら、1日中駐車する場合の相場より安く利用できることも。最大13日前から予約可能です。
駒沢オリンピック公園

  • 10

周辺の時間貸駐車場(予約不可)

タイムズクラブ(無料)に入会して 今すぐ「タイムズのB」を利用しよう

1日単位の定額料金で、出し入れ自由!
全国の駐車場をWEBから予約できるサービスです

法人入会はこちら

タイムズ24は東京2020オリンピック・パラリンピックを応援しています。

駒沢公園の特徴

駒沢公園(駒沢オリンピック公園)は、東京都世田谷区駒沢公園から目黒区東が丘二丁目・八雲五丁目をまたぐ場所にある運動公園です。
昭和39年の東京オリンピックの際に国立競技場に次ぐ第2会場として整備され、大会終了後に公園として一般に公開されるようになりました。
駒沢公園はスポーツ施設が大変充実しており、陸上競技場、弓道場、球技場、ジム(トレーニングルーム)、テニスコート、硬式・軟式野球場といった運動施設が整備されています。また、ジョギングコースやサイクリングコースも整備されており、皇居や代々木公園と並んで都内のランニングスポットとなっています。その他にも園内には自由広場や児童公園、ジャブジャブ池、ドッグランもあることから、休日には小さな子供を連れた家族や愛犬を連れて遊びに来る人で賑わっています。
さらに駒沢公園では数々のイベントが行われていることでも知られています。各種スポーツの試合や大会はもちろん、「肉フェス」「餃子フェス」といったグルメの祭典から、フリーマーケットやヨガイベントといったものまで多様なイベントが開催されており、その際にはいつも以上に多くの人で賑わいます。

駒沢公園の駐車場活用

駒沢公園は、東急田園都市線の駒沢大学駅から徒歩15分ほどの場所にあり、渋谷駅や恵比寿駅、自由が丘駅などからも駒沢公園前バス停へ行くバスが出ています。公共交通機関でのアクセスもとても良い場所ですが、家族連れやペット連れにも人気の公園であることから、車に乗って来る人達も多くいます。
駒沢公園には、公園の東側に位置する収容台数61台の「駒沢オリンピック公園第一駐車場」と、公園の南西にある収容台数225台の「駒沢オリンピック公園第二駐車場(きりんさんパーキング)」があります。駒沢公園へ車で遊びに行く際にはこちらを利用するのが便利ですが、それぞれの駐車場で利用可能時間や駐車料金が異なります。また、駒沢公園は大変広く、園内には様々なスポーツ施設やドッグラン、カフェ、広場などがあるため、園内の利用したい場所から遠い駐車場に停めてしまうと移動が大変になってしまうこともあります。事前に利用したい施設の場所を確認しておき、近い専用駐車場や周辺のコインパーキングなどを調べておくのがおすすめです。
駒沢公園(駒沢オリンピック公園)は土日祝や夏休みなどの長期連休はもちろん、お花見シーズンやイベント開催時期などはかなり混み合い、駐車場も満車になってしまうこともあります。せっかくの楽しいお出かけをスムーズにするためにも、周辺駐車場の最大料金や事前予約可能かなどを調べておくと安心です。

駒沢公園 スポーツを楽しむ

駒沢公園には陸上競技場や球技場、テニスコートといったスポーツ施設をはじめとして、ジム(トレーニングルーム)やジョギングコース、サイクリングコースなども整備されており、スポーツをしに訪れる人も多くいます。
駒沢公園内陸上競技場のスタンド下にあるジムは、月会費や会員登録などが不要で、予約なしで利用することができます。健康体操やエアロビクス、ヨガやダンスといったスタジオプログラムも予約なしで参加することができ、初心者でも気軽に利用することができます。
また、駒沢公園はジョギングコースが整備されていることもあり、平日・休日問わず多くの人がランニングをしに訪れています。全長約2.1kmのコースはアップダウンも少なく、初心者ランナーも気軽に楽しむことができます。上述のジムにはコインロッカーやシャワーがあるので、ランニングステーションとしても利用することができるのもおすすめポイントです。

駒沢公園 イベントを楽しむ

駒沢公園では年間を通して様々なイベントが行われており、その際には地元の人はもちろん、遠方からも多くの人が訪れ大変賑わいます。
駒沢公園で行われるイベントで有名なものとしては、「餃子フェス」「肉フェス」といったものがあります。餃子フェスでは宇都宮や博多といった定番の名物餃子や、都内のレストランのシェフが腕をふるう創作餃子などが出店し、バラエティ豊かな餃子の食べ比べを楽しむことができます。
肉フェスは2014年の初開催以来、回を重ねるごとに規模が拡大し、全国でも大変有名になりつつあるイベントです。日本が誇るブランド牛をはじめとして、普段なかなか食べる機会のない有名店の肉料理や世界各国の肉料理などを食べることができ、ステージではライブやパフォーマンスなどのエンターテインメントも楽しむことができます。

駒沢公園 食事を楽しむ

駒沢公園内にはカフェレストラン「Mr.FARMER 駒沢公園店」があり、朝食・ブランチからランチ、お茶、ディナーまで利用することができます。店内は落ち着いたウッド調のインテリアにグリーンがあふれ、全国各地の契約農家こだわりの野菜を使ったヴィーガンメニューやグルテンフリーメニューを楽しめます。また世田谷区という立地を活かして近隣の農家さんのつくる「せたがやそだち」の野菜も提供しており、都内にありながらも地域に密着した、「駒沢エリアの食堂」としての役割も担っています。
週末などには定期的にファーマーズマーケットを開催しており、全国各地の契約農家の旬の野菜や都内近郊のフローリストのお花、カフェこだわりの焼き菓子などを購入することができます。週末の朝は駒沢公園でランニングやお散歩をしてからブランチをし、ファーマーズマーケットでお買い物をするといった過ごし方もおすすめです。

駒沢公園の周辺施設・スポット

駒沢公園の周辺には魅力的な施設や観光スポットもあり、駒沢公園と合わせて観光を楽しむことができます。
駒沢公園から1.8キロほどのところには、「桜神宮」があります。桜神宮は古式神道を受け継ぐ神宮で、「世田谷のお伊勢さん」と地元の人々から親しまれています。社殿は明治16年に東京神田に創建されましたが、大正8年に現在地である世田谷に移転しました。桜神宮では年間を通して様々な神事が行われており、特に有名な4月の大祭で行われる「鎮火式」という神事には外国人観光客も見学しに訪れます。「火渡り神事」とも呼ばれるこの行事は、火をつけた炭の道を作り、お祓いした後に炭火の上を素足で渡るものです。無病息災のご利益があり、一般の参拝者も参加することができます。
また、桜神宮は河津桜が綺麗に咲くスポットとしても有名です。境内に咲く河津桜には「えんむすびの木」と名付けられている木があり、ピンクの花帯をえんむすびの木に結ぶと良縁に恵まれると言われています。御朱印や絵馬、お守りといった授与品もこの河津桜をモチーフにしたピンク色の可愛らしいものが多く、特に若い女性から人気を集めています。
駒沢公園から1.4キロほどのところには「長谷川町子美術館・記念館」があります。「サザエさん」の作者である長谷川町子さんと姉の長谷川毬子さんが集めた美術品を展示している個人美術館で、1階と2階の常設展示ではサザエさんの原画の他、長谷川姉妹が収集した美術品収蔵コレクションの展示を見学することができます。館内にはサザエさんのグッズを購入できるショップや、周囲には「サザエさん通り」がある桜新町商店街などもあり、サザエさんファンなら一度は訪れたい観光スポットです。
駒沢公園周辺のこれらの施設には専用駐車場がないところが多く、周辺のコインパーキングなどに駐車することになります。連休や休日、駒沢公園周辺でのイベント開催時等は大変混雑して満車になることも多く、駐車場待ち時間も長くなります。そのため、安い最大料金の駐車場、予約駐車場等も事前に確認して活用するのがオススメです。

まとめ

このように、駒沢公園はお花見や散策、スポーツはもちろん、カフェでのランチやお茶、イベントなどで楽しめるスポットです。特に休日等は混雑して駐車場探しに困ることもあると思います。
タイムズのBの駐車場予約サービスなら、混雑が予想される場合でも予約で車室を事前に確保することができ、快適なおでかけをサポートすることができます。是非おでかけの際にご利用してみてください。

駒沢オリンピック公園周辺の駅

  • 駒沢大学駅

駒沢オリンピック公園周辺の施設

  • 駒澤大学
  • 日本体育大学

周辺の主要スポット

  • 駐車場写真

    読み込み中...