駐車場を探す

ご利用ガイド

おすすめ情報

駐車場を貸す

法人のお客様

サポート

パーク24グループサービス

両国駅近くの予約できる駐車場

12

利用日

新着レビュー

周辺の時間貸駐車場(予約不可)

両国駅近くの優待サービス

近くに割引や特典のある施設があります。
タイムズのBご予約時に入会いただく、タイムズクラブ会員ならどなたでもご利用できます。

タイムズクラブ(無料)に入会して 今すぐ「タイムズのB」を利用しよう

1日単位の定額料金で、出し入れ自由!
全国の駐車場をWEBから予約できるサービスです

法人入会はこちら

タイムズ24は東京2020オリンピック・パラリンピックを応援しています。

両国駅の特徴(1)

両国駅は東京都墨田区の西側にあるJR中央・総武線の駅です。両国駅は相撲の取組が行われる両国国技館の最寄り駅として知られていますが、新宿駅へは25分、東京駅へは15分(秋葉原経由)ほどでアクセスできるため、都心への移動に便利な駅であることも特徴です。
このような利便性の良さから、墨田区在住の方の多くが都心にアクセスするために両国駅を利用しています。

また、両国駅から都営地下鉄大江戸線の両国駅へは徒歩5分ほどの距離にあり、朝のラッシュ時などに乗り換える場合は少々遠く感じるかもしれません。それでも、駅東口から都営地下鉄両国駅までの道のりにあたる「両国駅南側」エリアには居酒屋や昔ながらの和菓子店、ちゃんこ料理店などが軒を連ねる下町の街並みがあるため、この辺りを歩きながら出勤・通学するのを楽しみにしている方も少なくありません。居酒屋での「仕事帰りの一杯」を楽しみにしている方もいらっしゃいます。また、両国という土地柄から相撲部屋も多く点在するため、稽古の見学等で訪れる方も多いです。

両国駅の特徴(2)

一方、両国国技館や江戸東京博物館、すみだ北斎美術館などがある「両国駅北側」は観光スポットが多いため南側と比べると新しい建物やおしゃれなお店も多くなり、都会の洗練されたエリアになっています。また、北側は学校や病院があるため人通りが多いことも特徴で、観光客はもとより、学生や病院関係者の往来で周辺の道や駐車場が混雑しやすい傾向が見られます。

そして、両国駅周辺の駐車場では、平日は両国駅周辺の飲食店の搬入出、ビジネスでの商談や通勤等、休日になると観光やショッピング等の利用、特に大相撲開催期間には午後から観覧者で駐車場が混み合っていることも多く、車を停められる安い駐車場を探すのに相当時間がかかってしまうこともあります。

両国駅南側での食事・ショッピング等

「両国駅南側」は、地元住民御用達の飲食店が多く、安価で味に定評がある飲食店での食事をゆっくり楽しみたい方にはうれしいグルメエリアです。特に安い値段でお酒とおつまみが楽しめる大衆居酒屋やちゃんこ料理店が多く、夕方には多くの人で賑わいます。なかでも、ちゃんこ料理の「ちゃんこ友路」や「相撲茶屋 ちゃんこ江戸沢 両国総本店」は人気があり、宴会やデートにもおすすめです。また、南側にはラーメンやカフェ、イタリア料理のお店も多く、ランチとディナーのどちらでもお好みの飲食店に出会えるでしょう。駅からほど近いイタリア料理の「両国吉良亭」はパーティー会場として使われることも多く、お酒と窯焼きピザがお手頃価格で味わえると評判です。

さらに南側は全体的に商店が多く、「まいばすけっと」や「八百賢両国店」、「マルエツプチ」といった日常使いのスーパーマーケットもあり、なかでも八百賢両国店は豊富な品揃えと価格に定評があります。
また、南側には相撲関連商品を取り扱う雑貨店の「高はし」もあり、相撲ファンにはたまらないグッズが手に入ることで知られています。座布団や湯呑み、扇子、手ぬぐいなど種類も多彩なので、東京観光のお土産購入には最適なお店です。海外からのゲストを案内しても喜ばれるでしょう。訪問先への手土産を探している場合には和菓子店の「両国とし田」の最中や大福で美しいお菓子が見つかります。

両国駅北側での食事・ショッピング等

「両国駅北側」のグルメスポットとして最近注目を集めているのが2016年オープンした商業施設「江戸NOREN」で、実際の土俵や歴代横綱の力士パネル等が展示され、和食中心の飲食店が複数入居しています。「粋な江戸の食文化を楽しむ。」をコンセプトにしているだけあり、ここではちゃんこはもちろん、寿司やもんじゃ焼き、蕎麦、天ぷらなど江戸グルメ、相撲文化の雰囲気を存分に堪能できます。また、日本全国の蔵から取り寄せた日本酒を味わえるお店「東京商店」もあるので食後、バーに行く感覚で立ち寄ってみるのも良いですね。

北側は観光スポットや飲食店には恵まれているものの、ショッピングの面ではさほど充実していないのが現状です。しかし、観光土産を購入する場合には江戸NOREN内にある観光案内所や両国国技館のギフトショップなどがあるので「お土産が買えない」という事態にはなりません。
なお、両国国技館は本場所開催日以外でも来館可能です。お土産購入のためだけに訪れても問題ないので積極的に施設内のショップを利用しましょう。

このように、両国駅周辺は食事やショッピングができるお店が多い駅のため、特に休日の駐車場利用では、お買い物や食事等で駐車場割引等が適用されるかどうか、休日の長時間駐車に安い最大料金があるか、予約サービスの有無等も気になるところです。

両国駅南側周辺での観光・イベント

「両国駅南側」には北側ほど観光スポットは多くないものの、回向院のような古いお寺や史跡があるため観光客が集まります。また、相撲部屋も多く点在しているため、朝稽古の見学や相撲部屋のイベント等に参加する方も多いです。

その中でも「回向院」は墨田区の両国二丁目にある浄土宗のお寺で、明暦の大火で亡くなった人々を埋葬するために建設された万人塚が起源になっています。また、こちらには江戸時代の戯作者として有名な山東京伝や義太夫節の創始者である竹本義太夫、「庶民の味方」としてドラマで演じられることの多い義賊・鼠小僧次郎吉などのお墓があることでも知られており、春や秋の行楽シーズンには多くの観光客が訪れます。回向院の境内はそれほど広くはありませんが、見どころがたくさん詰まった歴史あるお寺なので、歴史が好きな方や、お寺の佇まいが好きな方は楽しめるでしょう。また、回向院では御朱印もいただけます。季節限定の御朱印が登場するときもあり、そのたびに参拝する楽しみができます。
このほか、南側には江戸時代に高家旗本・吉良義央が赤穂浪士たちに斬りつけられた赤穂事件(いわゆる忠臣蔵)の現場となった「吉良上野介邸跡」があります。両国の中でも常に人が絶えない人気観光スポットであるため季節によっては多少の混雑が予想されますが、「忠臣蔵」の映画やドラマのファンの方はぜひ一度足を運んでみましょう。

両国駅北側周辺での観光・イベント(1)

「両国駅北側」の周辺には多くの観光スポットがありますが、その中でも特に有名なのが「両国国技館」です。両国駅から徒歩数分の場所にあるため、相撲の本場所が開催される時期には駅から国技館までの道が多くの観戦客や観光客で溢れかえります。
国技館で相撲を見るために海外から訪れる外国人ファンも多く、その人気ぶりがうかがえますね。

また、横綱が下階級の力士に負けた際に見られる「座布団の舞」(観客が土俵に向けて座布団を投げる)の光景は圧巻で、もし見られた場合はきっと忘れられない思い出になるでしょう。
相撲観戦を希望する場合は取組スケジュールを確認した上で、日本相撲協会の公式ホームページから公式販売サイト「チケット大相撲」にアクセスしてチケットを購入してください。
なお、国技館の中には相撲に関する各種資料を展示している相撲博物館があります。力士の写真や錦絵や番付、化粧廻しなど普段目にすることのない貴重な資料が展示されており、相撲ファンでなくても楽しめる内容は東京観光のコースとしても最適です。相撲観戦前にこちらに立ち寄って相撲の歴史をおさらいするのも良いです。

両国駅北側周辺での観光・イベント(2)

両国国技館のほか、北側には「江戸東京博物館」もあります。江戸東京博物館は両国国技館の東側に建設された施設で、江戸時代の東京をテーマにしています。江戸時代の東京の様子を知ることができる展示物が数多く展示されており、子どもの郊外学習の場としても最適でしょう。夏休みにお子さんを連れて家族でおでかけするのもおすすめです。さらに、江戸東京博物館から徒歩4分ほどの場所には「すみだ北斎美術館」もあります。ここでは日本を代表する浮世絵師である葛飾北斎の浮世絵の複製画や、錦絵の制作工程など、北斎の人生や作品はもちろん、日本美術についても学習できます。どちらも江戸文化を深く知ることができる施設なので、二つとも見学してみてはいかがでしょうか。

また、北側では多くの観光客を集める「墨田川花火大会」が毎年7月後半の土曜日に開催されます。100万人規模の観客を集めるこの花火大会では、花火の打ち上げ場所が2か所設置されており、迫力のある華麗な花火で多くの観客を惹きつけています。このように、両国駅の周辺には回向院や吉良上野介邸跡、相撲部屋、両国国技館、江戸東京博物館などの人気観光スポットが多い上、墨田川花火大会のような多くの人が集まるイベントも開催されるため、季節やイベント内容によっては周辺駐車場も混雑する可能性があります。したがって、車で両国におでかけする場合は複数の安い駐車場の

両国駅南側のビジネス環境

「両国駅南側」には相撲観戦に訪れた観戦客や観光客が流れてくるため、観光客を対象とした飲食店やショッピング店舗が多く点在します。そのためこの辺りは飲食業と小売業、観光業がお互いに需要と供給を支えており、街の活性化につながっています。
丸の内や新宿のような大規模オフィスビル等はあまり見かけませんが、小中規模のオフィスビル、事業所は多いので、南側でオフィス探しをする際にもさほど不自由しません。
なかでも、貸し会議室や展示室が複数あるオフィスビルの両国シティコアには多くの有名企業が入居しています。

また、南側には両国駅から近いホテルが多く、出張の際は便利です。なかでも「両国ビューホテル」や「両国リバーホテル」などは観光客からも人気があるので、観光シーズンに滞在予定の場合は早めに予約するようにしましょう。
外部の仕事場所を探している場合には「BASEPOINTOffice両国」や「ビズサークル 両国隅田川オフィス」などのコワーキングスペースもあり、上手に活用できれば何かと便利でしょう。

両国駅北側のビジネス環境

「両国駅北側」は両国国技館があることから、相撲に関連した事業を行う企業のオフィスも多いのが特徴です。また、相撲の観戦客や観光客を対象とした飲食店や観光施設のほか、学校や病院も多いため両国の中でも常に人通りが多く、道が混雑することがあります。
会議や講演会などをレンタルできる国際ファッションセンタービルや、「アパホテル 両国駅タワー」などのビジネスホテルもあり、ビジネス環境の面でも整っていると言えるでしょう。
なお、北側にはコワーキングスペースがほとんどないため、外で仕事を進めたいときは南側や、隣駅の錦糸町周辺で探しましょう。錦糸町周辺には非常に多くのコワーキングスペースがあり、ワークスタイルや予算に合った仕事場所が見つけやすいと評判です。前述の通り、北側は都内でも有数の観光地であるため道や駐車場が混みやすい傾向があります。重要な商談や会議のために両国に出向く場合は時間に余裕を持って行動し、あらかじめ駐車場を確保しておいた方が得策でしょう。

このように、両国駅周辺では、駅周辺にある観光施設や飲食店、一般企業、学校、病院等に勤務している方の日常の通勤、取引業者等との打合せや会議等での駐車場利用も多くあります。さらに、出張等で両国駅近辺のビジネスホテルに滞在する方なら、ホテルに駐車場が併設しているか否か、提携駐車場の有無等も気になるところです。

予約制駐車場のメリット

両国駅周辺は長時間・短時間とそれぞれ適した駐車場やコインパーキングが点在するのですが、平日も通勤・ビジネス駐車需要も多いため、訪問業者の打ち合わせや出張等の目的に合わせて事前に確認しておくようにしましょう。注意点としては、特に大相撲開催期間は、周辺の駐車場が朝から満車になる可能性が高いため、予約サービス等を活用するのがオススメです。

予約制駐車場のタイムズのBは、入会金・年会費無料もタイムズクラブへ登録するだけで、スマホやパソコンから簡単に予約可能です。また、利用日の2週間前から予約できるので、混雑しやすい両国駅周辺でも確実にクルマをとめることができます。到着したらすぐにクルマをとめて観光やお出かけに行けるので、時間を有効活用できるのは予約制駐車場ならではの魅力でしょう。

両国駅周辺の駅

  • 浅草橋駅

両国駅周辺の施設

  • 両国国技館

周辺の主要スポット