駐車場を探す

ご利用ガイド

おすすめ情報

駐車場を貸す

法人のお客様

サポート

パーク24グループサービス

天神祭奉納花火近くの予約できる駐車場

天神祭奉納花火近くの予約できる駐車場

天神祭奉納花火

知っておきたい!
駐車場選びのポイント

料金相場
昼間帯相場(時間貸し)は220-660円/60分、最大料金の設定があるところが多くあります。
イベント
天神祭では期間中、交通規制がかかるため、事前に道路や駐車場情報を調べておくのがオススメ。
混雑回避
天神祭奉納花火を見に多くの人が訪れるため、予約制駐車場で確保しておくと便利です。
天神祭奉納花火

  • 7

周辺の時間貸駐車場(予約不可)

タイムズクラブ(無料)に入会して 今すぐ「タイムズのB」を利用しよう

1日単位の定額料金で、出し入れ自由!
全国の駐車場をWEBから予約できるサービスです

法人入会はこちら

タイムズ24は東京2020オリンピック・パラリンピックを応援しています。

天神祭奉納花火の特徴

「天神奉納花火」とは、毎年7月に大阪府大阪市で開催される「天神祭」で打ち上げられる花火のことです。天神祭は、大阪市内にある大阪天満宮とその周辺の大阪市街地で行われるお祭りで、宵宮と本宮の2日間開催されます。
天神祭の見どころは、神輿を船に乗せて大川を渡す「船渡御(ふなとぎょ)」とそのあとに打ち上げられる天神奉納花火です。神様へのお供えの意味をこめて打ち上げられる天神奉納花火は、本宮にあたる2日目の夕方、大川を挟んで川崎公園、桜ノ宮公園の2地点を中心に4,000〜5,000発ほどが打ち上げられ、迫力のある花火を毎年多くの人が楽しみにしています。

天神祭奉納花火を見に電車でアクセスする場合、京阪電鉄京阪本線・中之島線、大阪メトロ谷町線の天満橋駅、JR大阪環状線の桜ノ宮駅などの周辺で花火を楽しむ方が多くいます。特に人気のある桜ノ宮駅周辺のスポットは混雑するため、できるだけ混雑を避けたい場合は、桜ノ宮駅を避けてJRの天満駅や大阪天満宮駅、大阪メトロの天神橋筋六丁目駅などを利用するか、有料観覧席の利用がオススメです。駅周辺には屋台も多数出ているため、花火だけでなく屋台グルメも楽しめ、天神祭を満喫することができます。

天神奉納花火を見にクルマでアクセスする場合、周辺道路は大変混雑し、大川にかかる橋には交通規制が実施されるため、事前に道路状況や利用できる駐車場を調べておくと良いでしょう。

天神祭奉納花火の駐車場活用

天神祭では、宵宮、本宮の2日間、周辺道路の交通規制が実施されます。交通規制によりクルマが進入できない場所が多くあるため、クルマで訪れる場合は事前に天神祭の公式サイトに掲載されている交通規制情報を確認しておきましょう。
交通規制がない場所にある時間貸駐車場(コインパーキング)にクルマをとめるのが良いですが、会場周辺の道路や時間貸駐車場(コインパーキング)は混雑する可能性が高いため、会場近くにクルマをとめたい場合は早めに訪れる必要があります。また、交通規制の時間帯は場所によって異なりますが、夜遅くまで規制が続く場所も多いため、少し離れた場所にある駐車場にクルマをとめて公共交通機関を利用するパークアンドライドがオススメです。駐車場の長時間利用が予想されるため、駐車場を選ぶときは駐車料金が安いか最大料金の設定はあるか事前に確認しておくようにしましょう。
予約制駐車場を利用すると、駐車場を探し回ることなく確実に車室を確保することができます。

天神祭奉納花火のエリアごとの見どころ

天神祭奉納花火の観賞は主に大川の「東岸エリア」と「西岸エリア」でできます。

  • 大川東岸エリア
    大川の東側は、毛馬桜ノ宮公園があるところです。東側エリアは花火の打ち上げ場所に近く、迫力ある花火を見ることができるため、観賞スポットとして人気があります。また、毛馬桜ノ宮公園をはじめ周辺には多くの屋台が出て大変賑わうため、場所を確保したい場合は早めに向かうと良いでしょう。
    毛馬桜ノ宮公園の最寄り駅は桜ノ宮駅ですが、当日は花火を見に訪れる人で大変混雑するため、少し離れたJR大阪城北詰や京阪電鉄天満橋から歩いて向かうのもオススメです。

  • 大川西岸エリア
    大川の西岸は、帝国ホテル大阪やOAPタワーがあるところです。OAPタワー周辺は打ち上げ場所のほぼ正面にあたるため人気のある観賞スポットで、夕方頃から場所を確保するために多くの方が集まります。ただし仕掛け花火が見えにくいことなどもあり、東岸エリアより人は少ないようです。また、OAPタワーがあるOAPプラザでは特別観覧席付きの有料チケットを用意していることが多く、混雑を避けてゆっくりと花火観賞できます。
    西岸エリアへは大阪天満宮駅や天満駅から歩いて向かう方が多いため、駅周辺にクルマをとめる場合は混雑に注意しましょう。

このように、大川の東岸・西岸エリアはどちらも天神祭奉納花火の鑑賞スポットとして人気があり、当日は大変混雑することが予想されます。クルマで訪れる場合は、早めに訪れて駐車場を確保するか、会場周辺にある予約制駐車場を利用するなどして、混雑を回避しましょう。

天神祭奉納花火周辺の観光スポット

天神祭奉納花火の会場周辺には観光スポットも多数あるため、花火が始まる前に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

  • 大阪城公園
    「大阪城公園」は園内に「大阪城天守閣」や「大阪城ホール」などがある公園で、歴史が感じられる重要文化財が13棟あるほか、梅林など季節の花を園内の各所で楽しむことができる人気の観光スポットです。
    大阪城公園へ電車でアクセスする場合、京阪電車天満橋駅やJR大阪城公園駅、森ノ宮駅などが最寄り駅となります。また、大阪城公園駅前と森ノ宮の2ヶ所に専用駐車場があるため、クルマで訪れるのも良いでしょう。合計270台以上収容が可能で、公式サイトから空車情報を確認することができます。

  • 大阪歴史博物館
    「大阪歴史博物館」は大阪の歴史や文化に触れることができる博物館で、常設展示のほか、期間ごとに文化財や大阪の歴史などを大々的に紹介する特別展示も行っています。また、ミュージアムショップでは大阪の歴史を記した図書やオリジナルグッズなどを販売しており、観光のお土産に買っていくのもオススメです。
    大阪歴史博物館(常設展)と大阪城天守閣のお得なセット券も販売されているため、大阪城と一緒に巡るのも良いでしょう。
    地下2階に専用の有料駐車場があるため、クルマでのアクセスも可能です。

  • 大阪市中央公会堂
    ネオルネッサンス様式で建てられた外観が美しい「大阪市中央公会堂」は、建物内の意匠も歴史的建造物として国の重要文化財に指定されている公会堂です。時期によって時間が異なりますが夜間にはライトアップされ、写真撮影スポットとしても人気があります。建物内は展示室と自由見学エリアが自由に見学できるため、一度訪れてみてはいかがでしょうか。
    クルマで訪れる際は公会堂の北側にある時間貸駐車場(コインパーキング)を利用しましょう。

天神祭奉納花火の会場周辺にある観光スポットにクルマで訪れる場合は、目的地の駐車場情報を事前に調べ、駐車台数に限りがある場合や駐車場がない場合は、周辺の時間貸駐車場(コインパーキング)を利用しましょう。駐車料金や目的地までのルートなどをあらかじめチェックしておくと安心です。

天神祭奉納花火会場周辺の駐車場をお探しなら「タイムズのB」

天神祭奉納花火を鑑賞する場合、会場周辺は交通規制がかかるため、少し離れたところにクルマをとめるのが良いでしょう。
「タイムズのB」の駐車場予約サービスなら事前に車室が確保できるため、天神祭奉納花火当日、スムーズに移動が可能です。おでかけの際、ぜひご利用ください。

また、タイムズのBでは空きスペースを駐車場として貸し出してくださるオーナー様を常に募集しております。初期費用無料で、お気軽に土地活用してみませんか?思わぬ副収入になるかもしれません。詳しくは資料ダウンロード(無料) で、ご確認いただけます。ぜひご相談ください!

周辺の主要スポット

  • 駐車場写真

    読み込み中...