駐車場を探す

ご利用ガイド

おすすめ情報

駐車場を貸す

法人のお客様

サポート

パーク24グループサービス

石神井公園近くの予約できる駐車場

石神井公園近くの予約できる駐車場

石神井公園

知っておきたい!
駐車場選びのポイント

料金相場
石神井公園の専用駐車場は1時間まで400円。以降は200円/30分で最大料金の設定があります。
混雑回避
行楽シーズンや休日には混雑が予想されるため、周辺の予約制駐車場の利用がオススメ。
観光
ちひろ美術館・東京には専用駐車場が完備されており、クルマでのアクセスに便利です。
石神井公園

周辺の時間貸駐車場(予約不可)

タイムズクラブ(無料)に入会して 今すぐ「タイムズのB」を利用しよう

1日単位の定額料金で、出し入れ自由!
全国の駐車場をWEBから予約できるサービスです

法人入会はこちら

タイムズ24は東京2020オリンピック・パラリンピックを応援しています。

石神井公園の特徴

石神井公園は、1959年3月に開園された東京都練馬区にある公園です。園内には、野球大会や練習に使用される野球場や小野球場をはじめ、テニスコートやアスレチック遊具、ボート場、野外ステージなどの施設があります。また、ソメイヨシノやカエデ、カキツバタといったたくさんの植物を園内で鑑賞することができ、花見や紅葉のシーズンになると多くの人で賑わいを見せます。
石神井公園には水辺にある食事処や、できたてのお団子を実演販売している売店があり、さらに公園で遊んだあとにランチやケーキを楽しみたいときには、石神井公園駅にある西武鉄道駅ナカ商業施設「Emio(エミオ)石神井公園」で一息つくのも良いでしょう。
石神井公園へのアクセスは、西武池袋線の石神井公園駅から徒歩6分ほどとなっています。バスでアクセスする場合は西武新宿線の上井草駅から出ている長久保行きバスを利用して三宝寺池バス停で下車するか、石神井公園行きバスを利用して石神井公園バス停で下車してアクセスしましょう。

石神井公園の駐車場活用

石神井公園には専用の有料駐車場が2ヶ所用意されており、場所や収容可能台数が異なります。

  • 石神井公園第一駐車場
    石神井公園第一駐車場は、練馬区石神井町5-20にある駐車場で、24時間入出庫可能なため時間を気にせず利用することができ、40台以上収容可能です。

  • 石神井公園第二駐車場
    石神井公園第二駐車場は、練馬区石神井町5-17にある駐車場で、営業時間は入庫が7時から20時、出庫は24時間可能となっており、20台以上収容可能です。

いずれの駐車場も1時間まで400円で利用でき、以降は30分ごとに200円加算されていきます。また、入庫後12時間最大料金が設定されており、繰り返し適用されるため長時間の利用に適しています。
休日や花見・紅葉シーズンには、駐車場や周辺道路が混雑することも予想されるため、混雑しやすい日に訪れる場合は、公園の専用駐車場以外にも、石神井公園駅の周辺や石神井公園駅から石神井公園へ向かう道中にある時間貸駐車場(コインパーキング)の利用を検討してみると良いでしょう。石神井公園や石神井公園駅の近くには予約制駐車場も点在しているため、事前に駐車スペースを確保しておきたい場合にオススメです。

石神井公園で自然を楽しむ

石神井公園にはスポーツ施設のほかにも、自然を楽しめるスポットが多数あります。

  • 三宝寺池
    「三宝寺池」は武蔵野三大湧水池の一つとして知られ、昭和30年代ごろまでは、どんなに寒くても凍らない池といわれていました。現在は井戸から地下水を汲み上げて池の水を補充していますが、その周囲には木道が整備されているほか、ソメイヨシノやヤマザクラが植えられており、自然散策にぴったりの場所です。池にはスイレンの花が咲いており、カルガモやカイツブリといった水鳥の姿も楽しめるため、バードウォッチングにもオススメです。

  • 石神井池
    「石神井池」は、三宝寺池からの水路をせき止めて造られた池で、ボートに乗りながら園内の景色や自然を鑑賞することができます。ボートの種類にはローボートやサイクルボート、スワンボートがあり、好きなボートを選ぶことができます。石神井池周辺の草花や野鳥を眺めながらのんびりしたいときにぴったりのスポットです。

このように石神井公園では自然を楽しむスポットがあるため、平日休日問わず散策に訪れる方も多く、駐車場利用者もいます。特に休日は駐車場が混雑しやすいため、駅周辺の時間貸駐車場(コインパーキング)を利用し、徒歩で向かうのも良いでしょう。

石神井公園でイベントを楽しむ

石神井公園では年間を通してさまざまなイベントを開催しており、イベントの当日には多くの人で賑わいを見せます。

  • 照姫まつり
    「照姫まつり」は、1988年から開催されている練馬区の二大祭りの一つで、祭りの最大の見どころは華やかな衣装に身を包んで豊島氏一族に扮する「照姫行列」と「舞台演技照姫伝説」です。舞台演技では石神井城が落城するまでのストーリーを再現しており、一般公募で選ばれた参加者と来場者が一緒にかける鬨の声が有名です。そのほか、照姫まつりでは、区内活動団体による野外ステージでの演奏や広場に立ち並ぶ模擬店なども楽しむことができます。

  • 三宝寺池自然誌学校
    「三宝寺自然誌学校」は、毎年開催されているイベントで、石神井公園の自然について学ぶことができます。ザリガニを捕まえたり、沼沢植物群落の過去と現在について写真を見ながら比較したりすることで、石神井公園の自然に触れることができます。無料で参加でき、子どもを中心に人気があるイベントです。

このように石神井公園では区の大きなお祭りや自然に触れるイベントが開催されており、イベントのある日は駐車場の混雑が予想されます。混雑を避ける場合、駅周辺の時間貸駐車場(コインパーキング)にクルマをとめるのが良いでしょう。長時間利用が見込まれるため、最大料金の設定があるところを選ぶのがオススメです。

石神井公園周辺の観光スポット

石神井公園周辺には、気軽に足を運べる観光スポットが点在しています。

  • ちひろ美術館・東京
    「ちひろ美術館・東京」は石神井公園からクルマで6分ほどのところにある美術館で、絵本作家いわさきちひろの作品を展示しています。子供連れの方も訪れやすいよう、子供も見やすい高さに作品を展示しているだけでなく、絵本カフェが用意されているほか、女性トイレ男性トイレどちらにもベビーシートを用意しているなど設備も整っています。
    ちひろ美術館・東京には駐車場が用意されていますが数に限りがあるため、周辺の駐車場情報も事前に調べておきましょう。

  • 慈雲山曼荼羅寺観蔵院
    「慈雲山曼荼羅寺観蔵院」は石神井公園からクルマで4分ほどのところにある寺院で、大聖不動明王を本尊としています。寺院内の「曼荼羅美術館」では、観蔵院両部曼荼羅のほか、日本とネパールの仏画のタンカや、ミティラー民俗画といった作品を鑑賞できます。毎年11月には「仏画・悉曇特別展」が開催され、コンサートなどの特別イベントも同時に開かれています。慈雲山曼荼羅寺観蔵院には駐車場もあるため、クルマでのアクセスもオススメです。

このように石神井公園からクルマで訪れやすい距離に観光スポットが点在しており、駐車場を完備しているところも多いです。収容可能台数に限りがあることもあるため、事前に駐車場の規模や周辺の駐車場情報も確認しておくと安心です。

まとめ

石神井公園には野球場やテニスコート、ボート場、野外ステージといった施設があるほか、園内にはさまざまな植物が植生しており、見頃を迎えると多くの人で賑わいます。石神井公園には専用の駐車場が完備されていますが、休日には混雑することも予想されるため、石神井公園へクルマでアクセスする場合は、事前に周辺の駐車場情報を調べておくと良いでしょう。
「タイムズのB」の駐車場予約サービスなら事前に車室が確保できるため、混雑が予想されるときでもスムーズにクルマがとめられます。おでかけの際、ぜひご利用ください。
また、タイムズのBでは空きスペースを駐車場として貸し出してくださるオーナー様を常に募集しております。初期費用無料で、お気軽に土地活用してみませんか?思わぬ副収入になるかもしれません。詳しくは資料ダウンロード(無料) で、ご確認いただけます。ぜひご相談ください!

周辺の主要スポット

  • 駐車場写真

    読み込み中...