駐車場を探す

ご利用ガイド

おすすめ情報

駐車場を貸す

法人のお客様

サポート

パーク24グループサービス

江ノ島近くの予約できる駐車場

江ノ島近くの予約できる駐車場

江ノ島

知っておきたい!
駐車場選びのポイント

混雑回避
特に観光シーズンは混雑していて、現地での駐車場確保は至難の業。下調べが必須でしょう。
遊び
新江ノ島水族館には公式駐車場はありません。予約しておくとクルマで安心してアクセスできます。
観光
1日ゆっくりと過ごすには最大料金の有無を確認しておきましょう。周辺ホテルに宿泊時にも要チェックです。
江ノ島

  • 9

新着レビュー

周辺の時間貸駐車場(予約不可)

江ノ島近くの優待サービス

近くに割引や特典のある施設があります。
タイムズのBご予約時に入会いただく、タイムズクラブ会員ならどなたでもご利用できます。

タイムズクラブ(無料)に入会して 今すぐ「タイムズのB」を利用しよう

1日単位の定額料金で、出し入れ自由!
全国の駐車場をWEBから予約できるサービスです

法人入会はこちら

タイムズ24は東京2020オリンピック・パラリンピックを応援しています。

江ノ島の特徴

江ノ島は神奈川県藤沢市の相模湾に浮かぶ小島です。しかし、実際には小田急線の片瀬江ノ島駅や江ノ島電鉄(通称・江ノ電)の江ノ島駅周辺一帯を指すことが多く、観光案内などにもそのように記述されていることがあります。
江ノ島は神奈川県内でも有数の観光地であり、一年を通して多くの観光客が訪れます。映画や小説などの舞台になることも頻繁であることから、江ノ島周辺での暮らしを憧れにしている方も少なくありません。
しかし、江ノ島自体は小さな島であるため住民は江ノ島から見て陸側にあたる「江ノ島北側」に集中しており、この辺りには静かな住宅街が広がっています。北側から海側寄りになるほど飲食店や観光施設が多くなり、人通りも多くなるのがこのエリアの特徴です。
一方、江ノ島のある海側にあたる「江ノ島南側」は江ノ島が主役となるエリアであるため、島につながる道から島にかけて飲食店、土産物店、観光施設、アミューズメント施設などがズラリと並びます。特に観光スポットは多く、江島神社や江の島展望灯台、江の島アイランドスパ、江の島岩屋など、観光資源に溢れた場所と言って良いでしょう。
また、江ノ島は海に囲まれていることから新鮮な魚介類が豊富です。この辺りには名物のシラスをはじめとするシーフードを売りにするレストランも多く、飲食業が栄える要因にもなっています。
北側と南側のどちらも観光シーズンには人通りが非常に多い点は共通しています。小田急線の片瀬江ノ島駅は江ノ島地区の駅では唯一、東京にアクセスできる直通電車がある駅ですが、普段から現地住民の利用者が多い上、夏になるとそこに観光客も加わって大変な混雑が発生することもあります。
そして片瀬江ノ島駅や江ノ島駅周辺の駐車場では、平日は駅近くの駐車場に停めて電車で東京都心部や横浜方面へ通勤・出張するパークアンドライド需要もあります。また、休日になるとショッピングや観光、ドライブ、サーフィン、海水浴等の利用で駐車場が混み合っていることも多く、車を停められる安い駐車場を探すのに相当時間がかかってしまうこともあります。

江ノ島北側での食事・ショッピング等

「江ノ島北側」には魚介類をメインとした飲食店が多く、特に江ノ島駅周辺は北側のグルメスポットになっています。近くの海で獲れたシラスはもちろん、新鮮な魚や貝を刺身、網焼き、海鮮丼などで味わえるのも江ノ島観光の醍醐味です。お店によっては屋外のテーブルでいただけることもあり、天気の良い日には海風と陽にあたりながらランチをいただくのも良いですね。
また、江ノ島名物のシラスは、生シラスと釜揚げシラスの両方を楽しめます。ただし、生シラスは毎年1月から3月は禁漁となっているため、江ノ島で生シラスを堪能したい場合は時期を確認してから足を運ぶようにしましょう。
江ノ島駅から徒歩10分ほど進んだ場所にあるレストラン「しらすや」はしらす料理専門店です。味に定評があり、店内もカフェ風で入店しやすい雰囲気があります。デートの際のランチにもおすすめです。
北側にはショッピングモールなどの大型商業施設はなく、海産物やお菓子、雑貨などの土産物店が江ノ島駅周辺を中心に軒を連ねています。江ノ島観光で訪れた際にはこうした小規模のお店を見て回るのも楽しいでしょう。海に囲まれた場所であることからサーファー向けのグッズや海をモチーフにしたおしゃれなアクセサリーのお店もあります。
なお、江ノ島周辺にある店舗は早い時間に閉まってしまうことが多く、「行ってみたものの、閉まっていて楽しめなかった」ということも少なくありません。そのため、観光の際は午前中から行動し、夕方まで楽しむプランをおすすめします。

江ノ島南側での食事・ショッピング等

「江ノ島南側」には商業施設がほとんどありません。しかし、江ノ島への道のりや島内には新鮮な魚介を使う飲食店や食べ歩き向けの軽食店が多く、飲食には不自由しません。
特に島の入り口から始まる「江の島弁財天仲見世通り」はB級グルメの宝庫であり、南側一のグルメスポットとなっています。湘南名産の柑橘類を使った「湘南ゴールドソフトクリーム」、しらすをコロッケに練りこんだ「しらすコロッケ」、新鮮なたこやえびをそのまま高温の鉄板でプレスして作る「たこせんべい」や「えびせんべい」などは人気があり、休日は行列になっていることもあります。
観光記念のお土産を購入したいときも江の島弁財天仲見世通りに出向けば、かわいらしいグッズが見つかります。土産物店の「遊膳 江ノ島店」や「山本商店」などは商品が豊富で観光客のリピーターもいるほどです。
また、島内には一休みできるカフェも複数点在しており、ケーキやパフェなどのスイーツも楽しめます。お店の周りにはビルなど景色を邪魔する建物がないため、海が目の前に広がる絶景を堪能できるのは島内店舗のメリットでしょう。島の入り口から島内にたどり着くまでは30分ほど歩くため、疲れたときは無理をせず、こうしたカフェで休憩してみてはいかがでしょうか。
なお、北側と同様に南側のお店も閉店時間が早い傾向にあります。したがって、南側で観光と同時に食事・ショッピングを楽しみたい場合は朝や昼の時間帯からおでかけしましょう。
このように、江ノ島周辺は飲食店が多く、お土産を中心としたショッピングも楽しめるため、特に休日の駐車場利用ではお買い物や食事等で駐車場割引等が適用されるかどうか、休日の長時間駐車に安い最大料金や予約サービスがあるか等も気になるところです。

江ノ島北側周辺での観光・イベント

「江ノ島北側」の観光スポットとしては、江ノ島につながる道の手前にある「新江ノ島水族館(前身は江ノ島水族館)」が有名です。相模湾のぶつかり合う波までも再現した大水槽や幻想的なクラゲをメインとしたホール、深海の化学合成生態系などの展示が特徴の水族館で、幅広い年齢層から人気があります。また、新江ノ島水族館は富士山や江ノ島などの絶景を背景にイルカショーが見られる屋外型施設でもあります。1日1回各回先着30名限定で、イルカと握手できるイベントなども人気です。
閉館後に水槽内の生き物を観察できる「お泊りナイトツアー」などもあるので、海の生き物に興味がある方はぜひ参加してみましょう。大きな水槽を眺めながら過ごす夜は思い出に残ること間違いなしです。
このほか、北側には長い歴史を誇る「龍口寺」や、江ノ島の桜の名所といわれる「片瀬山公園」などがあります。龍口寺と片瀬山公園のどちらも高台にあり、現地からは江ノ島の街並みや海を一望できるため写真撮影をしたいときにはうってつけの場所です。2か所とも湘南モノレールの湘南江の島駅が最寄り駅なので、モノレールを使って江ノ島を観光する場合は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。海とはまた違った面白さを発見できるでしょう。
秋に開催される「ふじさわ江の島花火大会」の際は片瀬山公園に出向けば大パノラマで花火を鑑賞できるかもしれません。

江ノ島南側周辺での観光・イベント

「江ノ島南側」には江ノ島島内に観光名所の象徴ともいえる「江の島展望灯台」があります。ここは通称「シーキャンドル」と呼ばれ、観光客だけでなく地元住民からも親しまれている場所です。天気の良い日には展望灯台から富士山を眺めることができ、さらに日没後にはライトアップもされるためカップルのデートスポットに最適です。
デートの時間に余裕がある場合は展望灯台から徒歩10分ほどの場所にある「龍恋の鐘」に出向いても良いでしょう。ここは江の島に古くから伝わる「天女と五頭龍」の恋物語にちなんだ場所で、天気の良い日には伊豆大島が望める絶景スポットでもあります。今後の幸せを願いながらカップルで美しい景色を眺める時間も素敵ですね。
高台からの景色を十分楽しんだ後は「江の島岩屋」で、薄暗い洞窟の世界に入ってみてはいかがでしょうか。ここは波の浸食でできた洞窟であり、洞内は神秘的な照明と音響で演出されています。洞内で渡されるろうそくの灯りとわずかな照明を頼りに進むのも、探検のようで楽しめるでしょう。
このほか、南側には観光で疲れた体を癒せる「江の島アイランドスパ」もあります。こちらは相模湾を目の前にリゾート気分が満喫できる総合スパ施設で、天然温泉や温水プールが楽しめます。世界中のスパセラピーを体験できる施設もあり、江ノ島を歩き回って疲れた体を癒すには最高の場所と言えるでしょう。
島内を泊りがけで観光する場合には創業150年以上にもなる老舗旅館「岩本楼」に宿泊するのも手です。国の有形文化財にも登録されている「岩本楼ローマ風呂」や洞窟を利用した「弁天洞窟風呂」などの珍しいお風呂は一見の価値ありです。
また、日本三大弁財天の「江ノ島神社」は縁結び・縁切り、子宝・安産にご利益のある神社で、女性・カップルに人気があり、アクセスも有料のエスカレーター(エスカー)を活用するのも楽しいので、参拝する価値ありです。
このように、江ノ島周辺には新江ノ島水族館や龍口寺、片瀬山公園、江の島展望灯台、江の島岩屋、江の島アイランドスパ、江ノ島神社など人気観光スポットが多く点在しています。そのため時期によっては周辺駐車場が混雑する可能性があり、車でおでかけする場合は複数の安い駐車場の候補確認や予約等も含めた事前準備が必要になるでしょう。

江ノ島北側のビジネス環境

「江ノ島北側」には江ノ島電鉄や江ノ島タクシーなどが本社を構えており、地元密着型の企業が多いのが特徴です。そして観光地であるため水族館やスパ施設などの観光・アミューズメント産業や飲食業が盛んです。また、マリンスポーツや海水浴、釣り関連グッズの販売店や会社も目立ちます。どちらにしても、外部から訪れる観光客をターゲットにしているビジネスが多く、今後も観光分野の発展には期待ができそうですね。
海産物の食品加工会社や観光施設との取引・商談で江ノ島北側に出張する方も多いと思われますが、残念ながらビジネスホテルがほとんどありません。ビジネスホテルでの宿泊を希望する場合は江ノ島ではなく、藤沢駅周辺など他エリアで探しましょう。
自宅やオフィス外で仕事をしたいときは片瀬江ノ島駅の近くにあるコワーキングスペース「WorkationPlusEnoshima」があります。貸し切りにしてイベントスペースとしても利用でき、小さな発表会や講演会を開催する場合には便利です。

江ノ島南側のビジネス環境

「江ノ島南側」もやはり北側同様に観光・アミューズメント産業や飲食業が盛んです。
また、南側は島内にある江の島展望灯台や植物園のサムエル・コッキング苑など人の管理が必要な観光施設が多いため、観光関連事業に従事している方の往来が多いのも特徴です。つまり、小さな島でありながらビジネスパーソンの行き来が頻繁ということであり、それが結果的に江ノ島の経済を支える要素になっています。
しかし、そうであっても南側には北側同様にビジネスホテルがほとんどなく、出張等で現地に宿泊する場合は観光ホテルや旅館になる可能性が高くなります。一泊5000円以内のリーズナブルなホテルが多いものの、観光シーズンはすぐに部屋が埋まってしまうため、早めに予約する必要があります。特に観光客で混雑する夏は注意しましょう。
仕事に集中できるコワーキングスペースなどの有料スペースも南側にはありません。必要なときは北側のコワーキングスペースか、周辺にあるカフェの利用をおすすめします。
このように、江ノ島周辺では、一般企業や観光施設、飲食店、学校、ショッピング店舗等に勤務している方の平日の日常の通勤、取引業者等との打合せや会議等での駐車場利用も多くあります。
また、東京都心部や横浜方面に勤めるビジネスパーソンの通勤や出張等で、片瀬江ノ島駅や江ノ島駅周辺の駐車場に停めて電車で通勤するパークアンドライド等の長時間駐車の需要も多く、特に雨天等はそのニーズも高くなるため混雑や最大料金・予約サービスの有無等にも注意が必要です。

さらに、出張等で駅近辺の宿泊施設に滞在する方なら、ホテルに駐車場が併設しているか否か、提携駐車場の有無等も気になるところです。
片瀬江ノ島駅や江ノ島駅周辺には長時間・短時間とそれぞれ適した駐車場が沢山あるのですが、平日も駐車需要が多いため、訪問業者の打ち合わせや出張等の目的に合わせて事前に確認しておくようにしましょう。

まとめ

「タイムズのB」の駐車場予約サービスなら、混雑が予想される場合でも予約で車室を事前に確保することができ、快適なおでかけをサポートすることができます。是非おでかけの際にご利用してみてください。
また、タイムズのBでは空きスペースを駐車場として貸し出してくださるオーナー様を常に募集しております。初期費用無料で、お気軽に土地活用してみませんか?思わぬ副収入になるかもしれません。詳しくは資料ダウンロード(無料) で、ご確認いただけます。ぜひご相談ください!

周辺の主要スポット

  • 駐車場写真

    読み込み中...