駐車場を探す

ご利用ガイド

おすすめ情報

駐車場を貸す

法人のお客様

サポート

パーク24グループサービス

横浜国際プール近くの予約できる駐車場

横浜国際プール近くの予約できる駐車場

横浜国際プール

知っておきたい!
駐車場選びのポイント

料金相場
横浜国際プールの駐車場の料金は、2時間まで300円、以降は1時間ごとに150円加算されます。
その他
横浜国際プールの駐車場の利用時間は平日9:30-22:30、土日祝7:30-21:30です。
混雑回避
横浜国際プールで大会やイベントがある日は駐車場が混雑するため、公共交通機関の利用がオススメ。
横浜国際プール

周辺の時間貸駐車場(予約不可)

横浜国際プール近くの優待サービス

近くに割引や特典のある施設があります。
タイムズのBご予約時に入会いただく、タイムズクラブ会員ならどなたでもご利用できます。

タイムズクラブ(無料)に入会して 今すぐ「タイムズのB」を利用しよう

1日単位の定額料金で、出し入れ自由!
全国の駐車場をWEBから予約できるサービスです

法人入会はこちら

タイムズ24は東京2020オリンピック・パラリンピックを応援しています。

横浜国際プールの特徴

横浜国際プールは、神奈川県横浜市都筑区にあるプールを中心とした屋内スポーツ施設です。「メインプール」は、4,000席ほどの収容人数を誇る国内最大級の国際公認プールとして、アーティスティックスイミングや水球の国際大会が開催されるほか、国体の会場としても使われており、多くの大会やイベントが行われています。

50mコースが10コースあるメインプールは、冬季になると床にパネルが組み立てられ、スポーツフロアとして室内テニスコートの貸切利用が可能です。ほかにも50mが8コースあるサブプールや、25m×25m・水深5mのダイビングプールも備わっており、大会開催時以外は個人利用も可能です。 横浜国際プールには、プール以外にもバスケやバトミントンなどの球技ができる「サブアリーナ(体育館)」、充実したトレーニング器具が使える「トレーニングルーム」、多目的ホールや会議室などもあり、幅広い目的でさまざまな人が利用しています。

横浜国際プールの最寄り駅は地下鉄グリーンラインの北山田駅で、駅から横浜国際プールまでは徒歩10分ほどで到着します。クルマでアクセスする場合は、第三京浜道路の都筑ICから10分ほど、東名高速道路の横浜青葉ICから15分ほどでアクセス可能です。
また、横浜国際プールはバスでのアクセスも便利で、横浜市営地下鉄センター北駅から東急バスに乗車して国際プール正門前のバス停でおりると、目の前が横浜国際プールとなっています。休日や横浜国際プールで大会やイベントのある日は駐車場が混雑するため、公共交通機関の利用も検討しましょう。

横浜国際プールの駐車場活用

横浜国際プールには地下1階に270台ほどの収容可能な専用駐車場があります。駐車料金は2時間まで300円、以降は1時間ごとに150円が加算されていき、最大料金の設定はありません。 休日や横浜国際プールで大会やイベントがある日は駐車場が大変混雑し、満車でとめられない場合もあるため、電車やバスなどの公共交通機関を利用したアクセスが推奨されています。 また、横浜国際プール周辺には時間貸駐車場(コインパーキング)や予約制駐車場が多数あるため、クルマで訪れる方はそちらを利用するのも良いでしょう。確実にクルマをとめてスムーズに移動したい方は、自分専用の駐車スペースを確保できる予約制駐車場の利用がオススメです。

横浜国際プールで参加できる教

横浜国際プールでは、子供からシニアまで参加できる「プール教室」をはじめ、「スポーツ教室」や「カルチャー教室」、7月・8月だけ開催される「夏の教室」、4月・5月・6月・7月のみ開催される「春の教室」など、市民のためにさまざまなスポーツ教室を開催しています。
大人向けの教室としては、水泳教室をはじめ、バトミントン、フラダンス、チェアピラティス、大人卓球、楊名時八段錦太極拳など、さまざまな種類の教室が開かれ、なかでもナイトテニスは人気です。初心者から経験者向けのクラスと経験者向けのクラスに分かれており、平日19時~20時30分の間で指導が行われます。

子ども向けの教室としては、プール教室をはじめ、こども卓球やサッカー、テニス、バスケなどがあり、特に親子で参加できる親子体操教室は人気があります。
スポーツだけでなくカルチャー教室も開かれており、大人向けのフラワーアレンジ、ハワイアンキルト、声楽などの教室のほか、親子で通えるこども将棋やキッズえいごも人気です。 横浜国際プールで参加できるスポーツ教室やカルチャー教室には定員があるため、定員を満たしてしまうと申し込みができません。気になる教室がある方は、公式サイトをチェックしたうえで、早めに申し込むようにしましょう。

横浜国際プールでスポーツ教室やカルチャー教室に参加する方がクルマで訪れる場合は、駐車場を頻繫に利用することになるため、専用のプリペイドカードの購入を検討するのも良いでしょう。駐車場のプリペイドカードは受付で販売されており、3,000円のプリペイドカードで3,400円分の駐車料金を支払うことができるため、お得にクルマをとめられます。また、横浜国際プールで大会などのイベントがある日は駐車場が混雑するため、満車のときは周辺の有料駐車場を利用し、徒歩でアクセスしましょう。

横浜国際プールでの食事・ショッピング

横浜国際プール内には食事やショッピングができるお店がそろっています。

  • プロショップ
    「プロショップ」は、水着やラッシュガード、ゴーグル、水中トレーニング用品などの水泳用品をはじめ、スポーツウェアやドリンク類を販売するお店です。営業時間は9時15分~20時までとなっています。

  • ボディケアルーム
    「ボディケアルーム」は、エンダモロジーというマシンを利用したボディートリートメントを提供するお店です。脂肪分解を促進したり、血液やリンパの流れを良くして老廃物の排出を促したりと、さまざまな効果が期待できます。ほかにも、アロマリンパトリートメントやヘッドセラピーなどメニューが豊富で、キャンペーンも実施しています。

  • パントリー
    「パントリー」は、ホットドッグやカレー、ラーメン、お弁当やお菓子、ドリンクなどを販売するお店で、ランチで利用する方が多いです。営業時間は11時~17時ですが、横浜国際プールで大会やイベントがある日は営業時間を延長することもあります。

このように、横浜国際プール内には食事やスポーツ用品の購入ができるお店がそろっており、施設の外に出ることなく1日過ごすことも可能です。横浜国際プールの駐車場は最大料金の設定がないため、長時間クルマをとめる予定のある方は、周辺にある時間貸駐車場(コインパーキング)のなかから最大料金の設定がある駐車場を選んで利用するのも良いでしょう。

横浜国際プールで開催されるイベント

横浜国際プールでは、国際的な水泳大会をはじめ、さまざまな大会やイベントが行われており、イベントの開催スケジュールは公式サイトで確認することができます。 また、水泳大会以外にも毎月1回「フリーマーケット」 が開催されており、当日は多くの地元住民が集まります。購入するだけでなく子供服やおもちゃ家庭雑貨など生活用品の出店ができるほか、車両出店も可能です。手持ち出店の場合はメインアリーナ前広場を利用でき、出店料は2,500円となっています。車両出店の場合は円形広場に出店でき、出店料は4,000円となっています。

フリーマーケット当日は会場横に臨時駐車場が開設され1,000円で利用できますが、1日20台限定と数に限りがあり、すぐに満車になる可能性が高いです。横浜国際プールの地下1階の駐車場も大変混み合うため、公共交通機関を利用してアクセスするか、少し離れた場所にある駐車場にクルマをとめて、徒歩でアクセスすることを検討しましょう。

横浜国際プール周辺の駐車場をお探しなら「タイムズのB」

横浜国際プールには270台ほど収容可能な駐車場が完備されており、クルマでのアクセスも可能です。大会やイベントの開催時には満車になることが多いため、周辺の時間貸駐車場(コインパーキング)や予約制駐車場も調べておき、長時間クルマをとめる場合は最大料金の設定がある駐車場を選ぶのがオススメです。

「タイムズのB」の駐車場予約サービスなら、横浜国際プール周辺駐車場の混雑が予想される日でも自分専用の駐車スペースが確保でき、快適なおでかけをサポートいたします。横浜国際プールへおでかけの際は、ぜひご利用ください。 タイムズのBは駐車場を「貸したい方」と「借りたい方」をWEBでつなぐサービスです。使い方はとっても簡単!登録された全国の「空きスペース」から借りたい場所を見つけてWEB予約するだけ!
料金や立地を事前にWEBから確認できるため、当日現地であわてることなく快適におでかけできます♪おでかけはもちろん、引越しや来客時の一時的な駐車スペース確保にもおすすめです!

また、タイムズのBでは空きスペースを駐車場として貸し出してくださるオーナーを募集しております。 初期費用無料で、お気軽に土地活用してみませんか?思わぬ副収入になるかもしれません。 詳しくは資料ダウンロード(無料) で、ご確認いただけます。ぜひご相談ください!

周辺の主要スポット

  • 駐車場写真

    読み込み中...