サービス

サポート

法人向けサービス

パーク24グループサービス

梅雨にクルマで外出する際の注意点とは?

梅雨にクルマで外出する際の注意点とは?

梅雨を迎えると雨の降る日が多くなってきますが、雨の日にはクルマでの移動がとても助かります。普段なら徒歩で向かう場所でも、雨が降ると億劫になってしまったり、衣服や荷物が濡れてしまったりして大変ですが、クルマなら雨に濡れる時間も少なく移動することができます。

しかし、雨の日だからこそ、クルマを運転する際には気を付けておきたいポイントもあります。

ここでは、梅雨の時期にクルマを運転する際の注意点を確認していきましょう。また、梅雨にクルマで外出する際の駐車場の選び方と併せて、梅雨だからこそのB-Times(予約できる駐車場)の活用法についてご紹介します。

梅雨にクルマで外出する際に運転で注意したいこととは?

梅雨の時期、雨に濡れずに移動できるクルマはとても重宝しますが、雨天時の運転にはいつも以上に気を付けておきたいものです。

特に気を付けておくべきもののひとつが、歩行者や自転車の存在です。普段から歩行者や自転車には注意を払いながら運転しているはずですが、雨天の際は、歩行者や自転車に乗った方は傘をさしながら移動しています。傘をさしていると視界が遮られることがあるため、クルマの接近に気づかないことがあります。そのため、歩行者から自分のクルマは見えているだろうと考えて運転してしまうと、事故の危険性が高まることにもなります。この点はいつも以上に気を付けておきましょう。

また、雨の日は比較的外が暗いため見通しが悪く、ワイパーを使用することで前方の視界が妨げられることもあるほか、窓ガラスが曇ってしまい視界不良になる、サイドミラーに水滴がついてしまい後方の確認がしにくくなるなどの危険性もあります。更には、雨の日にはブレーキを踏んでからクルマが完全に止まるまでの距離が長くなったり、スリップを起こしやすくなったりと、普段とは異なる状態になる可能性が高いと言えます。

そのため、梅雨の時期に運転をする際には、いつもより慎重に運転をするように心がけることが大切です。

梅雨のクルマ利用で注意したいこととは?

梅雨には大変重宝するクルマによる移動ですが、現地に到着した際、どこかにクルマを駐車することになります。屋外の駐車場にクルマをとめる場合、当然ながら駐車中は雨にさらされ続けることになります。

雨は水道水とは異なり大気中の汚れなども含んでいるため、クルマのボディを痛めてしまうほか、水滴が乾いた後にはシミ汚れのような状態になってしまうこともあります。そのため、梅雨にクルマでお出かけの際には、クルマをとめる場所にも気を使う必要があります。

クルマのボディに撥水加工を施すなどをして雨対策をしておく、雨で汚れたら即座に浄水で洗浄するなど、雨の日にクルマを利用した際には、クルマのメンテナンスを心がけることが大切です。

また、雨の中でクルマの乗り降りをすると、泥や雨水が車内に侵入してしまうなど、車内を汚してしまう場面も多くなります。クルマを使用した際には必ず掃除を行い、車内が濡れてしまった場合は、晴れた日にしっかり乾燥させましょう。

梅雨にクルマで外出する際の駐車場の選び方とは?

送迎などの利用であれば駐車場を利用しない場合もありますが、行き先で何かの用事がある場合には当然ながら駐車場にとめなければなりません。乗り降りの際には、できることなら濡れたくはないですし、クルマのためにも雨ざらしの状態で駐車したくないものです。

そのため、梅雨にクルマで外出する際の駐車場選びとしては、屋根付きの駐車場にクルマをとめるのが良いでしょう。

目的地周辺で屋根付きの駐車場に確実にクルマをとめたい場合、駐車場予約のB-Timesを活用してみてはいかがでしょうか。B-Timesでは、各駐車場のページに屋根のあり・なしの情報が掲載されているため、屋根付きの駐車場を見つけることができます。また、見つけた屋根つきの駐車場を予約することで、その駐車場を確実に確保することができます。

まとめ

雨の日の駐車場探しは、B-Timesが便利

雨の日に現地に着いてから駐車場を探すのは、雨で視界も悪く大変です。しかし、B-Timesで駐車場予約をすれば、そのような心配もありません。

雨からクルマを守るためにも、そしてクルマの乗り降りの際に雨に濡れないためにも、B-Timesで駐車場を検索して、予約を済ませてから外出することをおすすめします。