サービス

サポート

法人向けサービス

パーク24グループサービス

車庫入れの練習方法と車庫入れが苦手な方におすすめの予約駐車場の活用法

車庫入れの練習方法と車庫入れが苦手な方におすすめの予約駐車場の活用法

クルマを運転するとなれば、発進や停止、右折や左折はもちろん、車庫入れもあります。

しかし、クルマの運転の中でも、車庫入れに関しては苦手だと感じている方も多いかもしれません。駐車の仕方としては縦列駐車と並列駐車が代表的ですが、片方が苦手な方もいれば両方とも苦手な方もいるでしょう。

クルマに乗って出かける場合は、駐車や車庫入れは、とても重要な運転操作になります。

駐車や車庫入れが苦手という意識があるならば、しっかり練習をしてマスターしておきましょう。

今回は、車庫入れの練習方法をはじめ、練習場所としておすすめする予約駐車場の活用についてご紹介します。

車庫入れが苦手な人の特徴とは?苦手になる原因とは?

どんな物事に対してもマイナスなシミュレーションをしてしまう人は、様々なことに苦手意識を持ちやすいと言われています。車庫入れに関しても同様です。左右や前後にある別のクルマに自分のクルマをぶつけてしまうのではないかと考えてしまうわけです。

たしかに人様のクルマにぶつけてしまう事態は誰もが避けたいものですが、過去に事故を起こした経験がないにもかかわらず、過剰にマイナスなシミュレーションばかりしてしまい、苦手意識を持つのは損です。

このような苦手意識を持ち続けているために、車庫入れの際には誰かに運転を代わってもらう、駐車しにくい場所は避けるなどという運転を行うようになり、一向に技術が上達しない原因ともなってしまいます。

まずは、車庫入れに対する苦手意識を消す必要があります。そのために重要なのは、成功体験を積むことです。

自分の運転で車庫入れに成功した!その体験がマイナスなシミュレーションを払拭し、車庫入れ時の感覚を覚えていくことにも繋がり、格段にテクニックが上達すると言われています。そのため、まずは徹底した練習を積み重ね、成功体験を得ていきましょう。

車庫入れの練習方法とは?上達するためのコツとは?

苦手だと自認する人も多い車庫入れですが、その解決策は練習を繰り返すしかありません。車庫入れに限らず、クルマの運転を上達させるためには、知識を詰めこむのではなく、経験を積むことがとても大切です。

車庫入れを成功させるコツのひとつが、まず自身の車両をどの位置に置いて車庫入れをスタートするのかを決めることです。

例えば、並列駐車する場合には隣のクルマと運転しているクルマの位置関係によって、その後の動きが変わります。スタート時の位置関係によって成否が決まることも多いためです。最初にどの位置に運転しているクルマを置くのが正解なのか、それを頭と体で覚えましょう。

車庫入れはハンドル操作をしながらバックをすることになりますが、うまい人はこの作業を同時に行うことができます。しかし、最初は同時に行うと混乱してしまうので、それぞれ独立して作業を行いましょう。まずはハンドルを動かし、そのあとにバックへギアを動かし、一旦クルマを停めてからまたハンドルを動かすというような流れです。シンプルな車庫入れにしたほうが覚えやすいでしょう。

自分自身で練習を積み重ねることも良いのですが、運転上級者に助手席に乗ってもらうのもおすすめです。アドバイスを受けながら車庫入れの練習を行うことで上達も早くなります。身近に運転上級者の知り合いがいる場合は依頼してみましょう。

練習する場所は、自宅に車庫があるのであれば、そこを使用する方法もありますが、タイムズクラブ会員の方は、「駐車」を中心に教習指導資格を持つスタッフが指導する、「タイムズレッスン(無料)」もおすすめです。

無料で駐車に対する苦手意識を解消し、ペーパードライバーを脱却できるチャンスですので、「久しぶりにクルマを運転したい!」という方には活用してほしい内容です。

タイムズレッスン:「駐車」を中心とした運転トレーニング

より実践的な練習をしたいのであれば、両サイドにクルマが駐車してあるほうが緊張感もあり、練習になりますが、苦手意識を持っている状態から練習をスタートさせる際には、両サイドにクルマがない状態から始めたほうが安心して練習ができるでしょう。その際は、両サイドにクルマがないからといって白線からはみ出すことがないように車庫入れすることを心がけましょう。

車庫入れが苦手な方におすすめ!予約駐車場を活用しよう!

久しぶりに運転する方や、運転免許を取ったばかりの方にとっては、車庫入れが大きな不安になることも多いでしょう。外出時に駐車場を利用するにしても、その場で臨機応変に駐車場のタイプ(平面・機械式など)や周囲のクルマの状況に対応することが必要です。

車庫入れの練習に慣れていないうちは、外出先でクルマを停める場所をB-Timesの予約駐車場で確保しておくのがおすすめです。目的地近くの駐車場をあらかじめ、Webで検索・予約ができ、写真や地図で現地の様子も確認できるため、心構えができ落ち着いて運転することができるでしょう。

また、B-Times の予約駐車場であれば、クルマの出し入れが自由なので、自分が納得いくまで、時間を気にせず何度でも車庫入れをし直すことができます。

B-Times(ビィ・タイムズ)で駐車場を探す

まとめ

駐車スペースを予約しておけば、目的地周辺で駐車場を探す必要はありません。車庫入れのテクニックに不安がある場合にはB-Timesで駐車場を予約して、自分のペースで納得のいく車庫入れをし、確実に成功体験を重ねれば、きっと駐車に対する苦手意識を克服できるでしょう。