駐車場を探す

ご利用ガイド

おすすめ情報

駐車場を貸す

法人のお客様

サポート

パーク24グループサービス

クルマで花火大会へ向かう際の注意点と駐車場予約の方法

クルマで花火大会へ向かう際の注意点と駐車場予約の方法

日本では夏になると各地で花火大会が開催されます。夏の風物詩として現地に赴き、花火を楽しむ人が多いわけですが、その際の移動手段にクルマを使う人もいます。

特に浴衣を着て現地に行く場合、長い距離を歩くのは避けたいものです。また、暑い季節に大勢の中を歩いて現地に向かうのは体力を奪われるため、マイカーがあるならばクルマで向かいたいと思う方も多いでしょう。

家族や友人グループなど、複数人で一緒に花火大会へ行く場合は、クルマでの移動が便利です。

しかし、花火大会には多くの人出が予想されるため、クルマで花火大会へ向かう際には幾つかの注意点があります。

一番の問題は、駐車場が見つかりにくい点です。クルマで行く場合は、駐車場を確実に確保しておかなければ、現地到着後に駐車場探しに困ることになります。

せっかく移動が楽になっても、会場付近についてから駐車場探しに苦労してしまっては意味がありません。

万が一駐車場がない場合には、会場に行けないばかりか、花火を見ることもできない可能性があります。このような事態は避けたいところです。

ここではクルマで花火大会へ向かう際の注意点をはじめ、花火大会へクルマで向かう際に、活用をおすすめしたい駐車場予約についてご紹介します。

クルマで花火大会に行く際の注意点とは?

花火大会は、打ち上げ場所近くで鑑賞したほうが迫力ある花火を楽しめるため、会場に出向いて鑑賞したいものです。花火大会は多くの人が集まる大イベントになるため、会場周辺へのクルマの乗り入れは規制され、道路が通行止めになることが多いです。そのため、交通渋滞も激しく、会場への到着には通常より時間を要します。花火大会に間に合うように、時間に余裕を持って出発するようにしましょう。

クルマで花火大会に行く際に一番注意したいのが、駐車場の問題です。会場近隣の時間貸し駐車場(コインパーキング)などは即座に満車になってしまいます。

花火大会の会場まで早めに向かい駐車場を確保したり、会場近くの駐車場を予約したりするなど、駐車場の確保に注意をする必要があります。

花火大会では臨時駐車場はできるの?駐車場状況は?クルマをとめられる?

多くの花火大会では、打ち上げ場所や鑑賞会場周囲の交通を規制して、来場者が安全に鑑賞できるようにしています。同時に、その規制エリアの外側に臨時の駐車場を設けているケースもあります。地域によっては鉄道などの交通機関だけではアクセスしにくい会場も多いため、臨時駐車場を設けた上で会場までバスによるピストン輸送を行っていることもあります。

このような状況を考えるとクルマで出かけても駐車ができると考えがちですが、臨時駐車場の争奪戦は凄まじいものがあります。有料の臨時駐車場はもちろんのこと、公式に設けられた臨時駐車場では無料のところも多く、会場までのアクセスが容易とあって、当日は混雑が予想されます。打ち上げ予定時刻の少し前に行ったとしても、既に満車になっているということもあります。

また、そもそも臨時駐車場がない花火大会もあります。この場合、周囲の時間貸し駐車場を探すことになりますが、こちらも混雑が想定されます。当日になってクルマをとめる場所を探そうとしても、見つからない可能性が高いと言えるでしょう。

花火大会へクルマで行く際は駐車場予約がおすすめ!

花火大会にクルマで出かけるのであれば、確実にとめられる駐車場を確保してから現地に向かうことをお奨めします。

その際に活用頂きたいサービスが、予約できる駐車場「B-Times」です。花火大会の会場はもちろん、交通規制などの情報もあらかじめ調べた上で、花火大会の会場付近にある駐車場を探すことが可能です。さらに、料金なども事前に確認した上で利用することができます。B-Timesでは約2週間前からの予約が可能で、前日までキャンセルが無料です。花火大会に行く予定が決まったら、早めに予約をしておきましょう。

全国の花火会場周辺で予約できる駐車場を探す

時間貸し駐車場の多くは当日現地に出向き、空きがあれば駐車できるという仕組みですが、B-Timesであればパソコンやスマートフォンから簡単に駐車場の予約ができるため、現地に到着してからの駐車場探しの手間を省くことができます。花火会場近くで駐車場探しに悩まないためにも、B-Timesで駐車場の予約をすることをおすすめします。

まとめ

花火大会は時間になれば始まってしまいます。駐車場探しなどで予想外の時間をかけてしまい、開始時間に合わず花火を見逃してしまうことは避けたいものです。花火大会を存分に楽しむためにも、安心して花火大会会場へ向かうためにも、B-Timesで駐車場の予約をして、交通規制や混雑を想定して早めに出発することを心がけて現地に向かうようにしましょう。