サービス

サポート

法人向けサービス

パーク24グループサービス

初心者の運転練習のポイントと駐車を少しでもラクにする方法

初心者の運転練習のポイントと駐車を少しでもラクにする方法

運転免許を持っているのなら、いざという時にいつでも運転できるようにしておきたいものです。「頼まれたけど怖くてハンドルを握れなかった」「ああ、こんなときクルマで移動すれば便利なのに」こんな後悔をしないために、練習だと思って日ごろから積極的に運転しておきたいものです。

しかし、運転に慣れないうちは、ハンドルを握るだけでとても勇気が要りますよね。特に初心者の運転のハードルを上げているのが、「駐車」。練習を重ねることも手ですが、事前にできるちょっとした工夫で、駐車の難易度を下げることができます。

この記事では、まだ運転が不安な方が練習する際のポイントと、初心者にとって難関である駐車を、予約できる駐車場B-Timesを活用して少しでもラクにする方法をご紹介します。

免許は取ったけど練習が足りない気がする!どうするべき?

せっかく運転免許を取得しても、一人で公道に出て運転するのは緊張してしまいます。走行だけならなんとかクリアしても、ハードルが高いのが「駐車」。

ハンドルを切るタイミングを覚えるまでは、何度もぶつかりそうになりますが、ポイントを理解して経験を重ねれば必ずできるようになります。

免許取得後に運転の機会がない方も、転勤・転職・出産や家族の病気・怪我など、環境の変化で運転せざるを得なくなる可能性があります。

初心者やしばらく運転から遠ざかっているペーパードライバーの方は、まず運転になれるために同乗してもらうコーチを見つけ慣れてきたらなじみの場所にクルマで行ってみるなど、回数を重ねていくのが良いでしょう。

初心者やペーパードライバーの方にオススメの練習方法・場所、練習の際に気をつけることをご紹介します。

初心者・ペーパードライバーの練習にオススメの方法

免許は持っているがハンドルを最後に握ってからあまりにも時間が経過し、運転できるかどうかすら不安な方は教習所の「ペーパードライバー教習」がおすすめです。教習所によっては「高速のみの教習OK」「インストラクター出張OK」「マイカーでの教習OK」というプログラムも用意されています。自分にぴったりのプログラムを探してみましょう。

タイムズクラブ会員の方は、会員優待で利用できて、タイムズポイントがたまる・つかえる教習コースもありますので、チェックしてみてください。

タイムズクラブ会員限定、ペーパードライバー講習クーポン

また、「駐車」を中心に教習指導資格を持つスタッフが指導する、「タイムズレッスン」もおすすめです。

タイムズレッスン:「駐車」を中心とした運転トレーニング

講習に通うほど不安ではないが一人での運転に自信がない人は、家族や友人など身近な人に助手席に座ってもらいアドバイスしてもらうのが良いでしょう。親しい人にしかできない遠慮のない指導なら上達も早いはずです。

初心者・ペーパードライバーの練習にオススメの時間・場所

時間帯は交通量の少ない早朝か深夜

日が暮れてから練習を行う際には「夜でも明るい」道路を選択することが大切です。

場所は土地勘のあるなじみの場所で、道が広く交通量が少ないエリアを選びましょう。

また、人気の少ない駐車場で、前後左右に駐車がない場所を選び、駐車・車庫入れの練習もしましょう。

初心者・ペーパードライバーは、走行自体すぐに思い出せても、外出先での駐車・車庫入れに手こずるケースが多いものです。

外出先の駐車への不安・苦手意識からペーパードライバーになってしまう人も多いとか。

自宅のガレージは大丈夫でも、距離感や空間の位置関係が把握できていない外出先の駐車場・車庫で冷や汗をかくとクルマでの外出が苦痛なものになってしまいます。苦手意識はしっかり克服しておきましょう。

慣れたらなじみの場所に遠出

慣れたらなじみの場所に遠出

免許所有者は、走っているうちに車体感覚がつかめてくるはずです。走行に慣れたら普段バスや電車で行くところにクルマで行ってみましょう。車体感覚が戻っていれば運転自体は案外スムーズです。

ここでも問題は駐車場。いくらなじみの場所でも、初めてクルマで行く場所で運転しながら駐車場を探すのは気分的にもハードです。また、やっと見つけた駐車場では、慣れないバックで狭い敷地内にクルマをぴったりとめる必要があり、これもまたハードです。

初心者の難関である駐車場探しと駐車は、少しの工夫でその難易度を下げることができます。ここからは、その方法をご紹介します。

駐車場探しを少しでもラクにする方法

現地で運転しながら駐車場を探すのは、初心者にはかなり難易度が高いもの。事前に目的地周辺の駐車場を下調べしておきましょう。

最近は、満車空車情報がリアルタイムにわかるサイトやアプリもあります。行き先周辺で停められそうな駐車場を事前に把握しておくことで、駐車場を探しているうちに細い路地に入ってしまった、目的地からかなり離れた場所まで来てしまった、といったことも防ぐことができるでしょう。

さらに確実な方法として、目的地近くの駐車場を出発前に予約しておくのがおすすめです。駐車場予約サービス B-Timesで、目的地の住所から駐車場を検索してWeb予約、駐車場の住所をカーナビの目的地に設定して出発すると安心です。

B-Timesで駐車場を予約するには、タイムズクラブへの入会が必要です。まだ入会されていない方は、以下のリンクより、カンタンWeb手続きで無料入会できます。

タイムズクラブに入会する(無料)

「駐車」を少しでもラクにする方法

駐車場が見つかりいざ駐車!ここにも初心者が冷や汗をかく難関が待っています。駐車は、車体感覚やハンドルの感覚がつかめていないと、本当に難しいですよね。左右のクルマがぎりぎりの位置に停まっていて狭い範囲に駐車しなければならない、なんてこともあります。

駐車の難易度を下げるために、事前にできる対策もあります。それは、駐車しやすい駐車場を選ぶということです。駐車場によって、駐車の難易度は大きく変わります。得意不得意は人それぞれですが、自分が停めやすいと思う駐車場を選ぶようにしましょう。

たとえば、機械式駐車場は、狭い車室に入庫する必要があるため、難易度が高そうですが、入庫も出庫も前進のみでよい場合が多いので、バックが苦手な方には実は停めやすいことがあります。

敷地の広い駐車場や、左右にクルマが駐車されない駐車場であれば、車体感覚に不安がある方でも安心です。

また、駐車場の入口がどこにあるかも重要なポイントです。通りを右折して入らなければならない、入口の道が狭いなどといった場所はできる限り避けたいものです。

現地で見つけた駐車場が停めやすいかどうかを運転しながら判断するのは不安、という方は、駐車しやすそうな駐車場をB-Timesで探して予約しておきましょう。B-Timesの駐車場検索の地図上でどこの通りに面しているかはわかりますので、自分のルートから入りやすい駐車場を探しましょう。駐車場の詳細ページに入ると、駐車場の入口や駐車スペースの写真や図が公開されていますので、駐車しやすそうな場所かどうかを判断し、そのまま予約しましょう。

駐車場を予約しておくと、予約時にクレジットカードで決済しますので、利用の際に現地での清算が不要になる、というメリットもあります。駐車場に出入りするだけで神経を使いますので、その際の清算の手間が無くなるのはうれしいですね。

まとめ

外出前の駐車場予約が心強い味方

運転に慣れてくると行動範囲は驚くほど広がります。公共交通機関で移動する場合と異なり、荷物を少なくする必要もなくなります。

クルマで外出できるようにしておけば、転居・転勤・出産・通院・買い物・誰かのピンチヒッターなど、「いざ」という時も安心です。

駐車さえなければ・・・と思っているあなた、B-Timesで駐車場を予約して、日ごろから積極的にクルマで外出してみてはいかがでしょうか。