駐車場を探す

ご利用ガイド

おすすめ情報

駐車場を貸す

法人のお客様

サポート

パーク24グループサービス

岡崎公園近くの予約できる駐車場

岡崎公園近くの予約できる駐車場

岡崎公園

知っておきたい!
駐車場選びのポイント

料金相場
岡崎公園の駐車場は7時-22時は100円/30分、22時-翌日7時は50円/30分で利用可能。
混雑回避
イベントのある日は混雑するため、岡崎公園周辺の駐車場や予約制駐車場の利用がオススメ。
観光
伊賀八幡宮には50台ほど収容可能な駐車場が完備されているため、クルマでアクセス可能です。
岡崎公園

この近くに予約できる駐車場はありません。

周辺の時間貸駐車場(予約不可)

タイムズクラブ(無料)に入会して 今すぐ「タイムズのB」を利用しよう

1日単位の定額料金で、出し入れ自由!
全国の駐車場をWEBから予約できるサービスです

法人入会はこちら

タイムズ24は東京2020オリンピック・パラリンピックを応援しています。

岡崎公園の特徴

岡崎公園は愛知県岡崎市にある歴史公園で、徳川家康が生誕したといわれる岡崎城があります。岡崎公園の敷地内には、三河武士のやかた家康館や龍城神社といった歴史散策スポットをはじめ、老舗の料亭、愛知県名物五平もちを食べられるカフェもあり、ランチや休憩にも利用できます。
乙川堤防沿いには「五万石ふじ」と呼ばれる1,300㎡もの藤棚や、伊賀川と乙川の堤防沿いには800本ほどものソメイヨシノがあり、見頃を迎えると園内は多くの花見客で賑います。特に桜は日本さくら名所100選にも選ばれているほどで、数kmも続く桜のトンネルは岡崎市のなかでも桜の名所として有名です。
岡崎公園へのアクセスは、名鉄名古屋本線の東岡崎駅もしくは愛知環状鉄道の中岡崎駅から徒歩10分ほどとなっています。また、クルマでアクセスする場合は、東名高速道路の岡崎ICから名古屋方面へ走り7分ほどでアクセス可能です。

岡崎公園の駐車場活用

岡崎公園には専用の駐車場が完備されており、24時間入出庫可能です。駐車料金は7時〜22時までが30分ごとに100円、22時〜翌朝7時までは30分ごとに50円が加算されていきます。最大料金は24時間1,500円までとなっており、利用時間が長時間になるときでも駐車料金が高くなりすぎず安心です。回数券も用意されているため、頻繁に岡崎公園の駐車場を利用する予定のある方はそちらを購入するのも良いでしょう。
専用駐車場のほかにも、岡崎公園の周辺には市営駐車場や時間貸駐車場(コインパーキング)が点在しています。イベントのある日や花見シーズンには岡崎公園の駐車場は混雑するため、周辺駐車場の利用も検討すると良いでしょう。特に花火大会開催時などイベントによっては駐車場利用ができないときもあるため、イベントに合わせて訪れる場合は駐車場の利用情報を公式サイトで確認し、周辺の駐車場情報を調べておくと安心です。混雑を回避し、スムーズにクルマをとめて移動したい方は、事前に車室を確保できる予約制駐車場の利用がオススメです。

岡崎公園で歴史を楽しむ

岡崎公園で歴史について楽しめるスポットを紹介します。

  • 岡崎城
    「岡崎城」は徳川家康が生誕したお城として知られ、2006年には日本100名城にも選ばれています。現在は歴史資料館として一般公開されており、かつて使用されていた武器や藩政資料、江戸時代における岡崎の産業文化などの展示を鑑賞したり、最上階のパノラマ展望台から岡崎市を一望したりと、岡崎藩の藩政や岡崎城の歴史、城下町の様子について学ぶことができます。岡崎城に登城する際は、事前に公式サイトから入館割引券を印刷して持参するか、スマートフォンで入館割引券の画面を提示すると、入館料の割引サービスを受けることができます。

  • 三河武士のやかた家康館
    「三河武士のやかた家康館」は、徳川家康の生誕から天下統一をするまでを学ぶことができる施設です。常設展では徳川家康の波瀾万丈な人生、徳川家康が関係した戦いなどについて紹介されており、有名な関ケ原の戦いが直径7mもの可動式ジオラマで再現されていたり、戦国武士の体験をしたりできるスペースも用意されています。ほかにも、季節に応じてさまざまなイベントが開催され、オリジナルグッズの販売もされているため、何度訪れても楽しめる施設です。

  • グレート演舞
    グレート演舞とは、休日と祝日に三河武士のやかた家康館前で開催される演舞です。グレート家康公「葵」武将隊というアーティストによって行われる、観客も一緒に楽しめる参加型のパフォーマンスとなっており、演目を通して徳川家康や岡崎市の魅力について発信しています。紙で作られた甲冑を身に纏い踊る姿を楽しく観劇できます。


このように岡崎公園には歴史を楽しむ施設が揃っており、休日は地元住民だけでなく観光客も多く訪れるため、駐車場が混雑することもあります。事前に周辺の駐車場情報を調べておくと良いでしょう。

岡崎公園でイベントを楽しむ

岡崎公園では年間を通じて様々なイベントが開催されており、県内外からたくさんの人が訪れます。

  • 五万石藤まつり
    「五万石藤まつり」は岡崎の二大花まつりの一つで、毎年4月下旬〜5月上旬にかけて開催されています。岡崎公園の南側にある乙川堤防に沿って咲く1,300㎡もの藤棚が見頃を迎えると、多くの花見客が訪れます。そのほか、岡崎城や二の丸能楽堂前でも藤の花を楽しむことができ、カメラを片手に写真撮影をする姿も多く見られます。

  • 桜まつり
    「桜まつり」は毎年3月下旬〜4月上旬にかけて開催される祭りで、こちらが岡崎の二大花まつりのもう一つです。開催期間中、夜間に桜のライトアップが行われ、昼間とは異なる桜の姿を鑑賞することができます。800本ほどものソメイヨシノが咲き誇るなか、市民による家康行列の再現が行われ、クライマックスの模擬合戦は毎年盛り上がります。

  • 岡崎イエヤスコウイルミネーション
    「岡崎イエヤスコウイルミネーション」は、毎年12月頃に開催される岡崎公園の冬の風物詩で、冬の夜、イルミネーションを楽しむことができます。夕方17時を過ぎるとライトが点灯され、夜22時までイルミネーションが岡崎公園を照らし、家族連れや恋人、友人同士で訪れる方が多くいます。


このように岡崎公園では季節を感じるイベントを多数開催しており、期間中は駐車場が混むことも多いため、早めに訪れるか、少し離れた駐車場にクルマをとめて徒歩や公共交通機関でアクセスするのがオススメです。事前に車室を確保できる予約制駐車場の利用も検討してみましょう。

岡崎公園周辺の観光スポット

岡崎公園周辺には、季節を楽しめる観光スポットが点在しています。

  • 六所神社
    「六所神社」は岡崎市明大寺町にある神社で、岡崎公園から徒歩13分ほどのところにあります。六所神社は安産の神様として信仰されており、石段を上った先には色鮮やかな楼門と社殿があり、本殿や楼門、拝殿、神供所、幣殿は国の重要文化財に指定されています。連続テレビ小説のロケ地として利用されていたほか、春には桜、秋には紅葉など、四季折々の草花を楽しめるスポットとしても知られています。六所神社には駐車場が2ヶ所、用意されており、クルマでの移動時に便利です。

  • 伊賀八幡宮
    「伊賀八幡宮」は岡崎市伊賀町にある神社で、岡崎公園からクルマで7分ほどのところにあります。1611年に徳川家康によって建てられたとされる本殿や随神門などは国の重要文化財に指定されており、徳川家康が戦いの前に必ず参拝していたといわれていることから葵御紋のお守りが必勝祈願アイテムとなっています。また、新年に行われる武者的神事では28mも先の的を狙って矢を放ち、的の割れ具合をみて1年の運勢を占います。伊賀八幡宮には50台ほど収容可能な駐車場が完備されており、クルマでアクセス可能です。


このように岡崎公園周辺にも歴史を感じるスポットがあり、駐車場を完備しているところも多いため、クルマでのアクセスもオススメです。

まとめ

岡崎公園には、歴史散策にぴったりなスポットからグルメスポットまでさまざまな施設が揃っており、地元住民から観光客まで多くの人が訪れます。岡崎公園には駐車場が完備されているため、クルマでのアクセスが可能ですが、混雑時には周辺の時間貸駐車場(コインパーキング)や予約制駐車場の利用もオススメです。
「タイムズのB」の駐車場予約サービスなら事前に車室が確保できるため、休日やイベントのある日と混雑が予想される日でもスムーズにクルマがとめられます。おでかけの際、ぜひご利用ください。
また、タイムズのBでは空きスペースを駐車場として貸し出してくださるオーナー様を常に募集しております。初期費用無料で、お気軽に土地活用してみませんか?思わぬ副収入になるかもしれません。詳しくは資料ダウンロード(無料) で、ご確認いただけます。ぜひご相談ください!

岡崎公園周辺の駅

  • 名鉄東岡崎駅

岡崎公園周辺の施設

  • 岡崎滑空場

周辺の主要スポット

  • 駐車場写真

    読み込み中...