駐車場を探す

ご利用ガイド

おすすめ情報

駐車場を貸す

法人のお客様

サポート

パーク24グループサービス

ヒリゾ浜近くの予約できる駐車場

ヒリゾ浜近くの予約できる駐車場

ヒリゾ浜

知っておきたい!
駐車場選びのポイント

遊び
ヒリゾ浜でシュノーケリングなどを楽しむ際には、中木港の渡し船発着所の駐車場を利用しましょう。
その他
ヒリゾ浜への渡し船が運行される7月から9月の期間は、周辺の駐車場が混雑します。
観光
ヒリゾ浜周辺の観光スポットは駐車場が完備されている場合が多く、クルマでの移動がオススメ。
ヒリゾ浜

新着レビュー

周辺の時間貸駐車場(予約不可)

タイムズクラブ(無料)に入会して 今すぐ「タイムズのB」を利用しよう

1日単位の定額料金で、出し入れ自由!
全国の駐車場をWEBから予約できるサービスです

法人入会はこちら

タイムズ24は東京2020オリンピック・パラリンピックを応援しています。

ヒリゾ浜の概要

静岡県の南伊豆半島にあるヒリゾ浜は、透明度抜群の美しい海とサンゴ礁が観光客に人気の秘境と呼ばれる浜辺です。渡し船でしか行くことの出来ない独特の地理的環境から、ありのままの自然が残されており、あたり一帯は国立公園として制定されています。
ヒリゾ浜は伊豆半島の最南端にあり、黒潮の通り道にもなっているため、南国の季節回遊魚や大物の回遊魚も姿を現し、絶好のダイビングやシュノーケリングポイントとしても知られています。また、ダイビングは夏場だけでなく冬場に楽しみに行くダイバーも多いのが特徴です。

さらに、ヒリゾ浜は潮の流れが早く外洋とつながっているため、浅い場所でもさまざまな海の生物を見ることができ、磯遊びも楽しめます。ヒリゾ浜周辺には、宿泊にオススメの民宿が点在しているほか、クルマで10分ほどの範囲には「入間キャンプ村」や「石廊崎オートキャンプ場」 など人気のキャンプ場もあるため、泊りがけで訪れるのも良いでしょう。 ヒリゾ浜に向かう渡し船は、中木港の渡し船発着所から乗ることができます。渡し船発着所へのアクセス方法は、最寄り駅の伊豆急下田駅からバスに乗り、中木で降りて徒歩1分ほどで到着します。渡し船のチケットは大人2,000円、子供1,000円で、一度購入してしまえば当日に限り何度でも乗船することができます。クルマでのアクセスの場合は、沼津ICから2時間30分ほどで中木港の渡し船発着所に到着します。

(関連)東海特集|タイムズクラブ会員特典施設

ヒリゾ浜周辺の駐車場状況

ヒリゾ浜には渡し船でしか行くことができないため駐車場はありませんが、中木港の渡し船発着所に駐車場があるため、クルマで訪れる際はそちらを利用すると良いでしょう。中木港の渡し船発着所にある駐車場は1日1,000円で利用することができ、発着所までは徒歩でアクセス可能です。 シュノーケルやダイビングを楽しみに多くの人が訪れる夏のシーズンは、中木港の渡し船発着所の駐車場は大変混雑します。周辺には予約制駐車場もあるため、混雑を回避してスムーズに移動したい場合は利用を検討しましょう。

クルマでのアクセス方法
  • 東名高速道路
    沼津ICより国道414号線経由 2時間40分

ヒリゾ浜周辺でレジャーを楽しむ

ヒリゾ浜周辺には、ヒリゾ浜ならではのレジャーを楽しめるスポットが多数あります。

  • ダイビング
    ヒリゾ浜は、一帯が国立公園指定地域であり開発されていないため、南伊豆エリアの中でも随一のダイビングスポットとして知られています。中木港の渡し船発着所から徒歩1分ほどのところにある「中木マリンセンター」では、ダイビングに必要な器材をレンタルすることもできるため、初めての方でも手ぶらで挑戦できます。

  • シュノーケリング
    ヒリゾ浜ではシュノーケリングも人気レジャーのひとつです。伊豆の魚だけでなく、黒潮とともに海外からやってきたクマノミやソラスズメダイ、アカハタなどのかわいい魚を見ることができます。シュノーケリングも「中木マリンセンター」で体験することができ、体験料金は、ヒリゾ浜渡船料金、施設使用料、レンタル器材、保険料、昼食代がすべて含まれて13,200円です。

  • 渡し船
    ヒリゾ浜に行くには、中木港の渡し船発着所から渡し船に乗る必要があります。この渡し船での移動も、アトラクションのようで楽しいと観光客からの人気を集めています。渡し船の運行は例年7月~9月の期間で行われており、運行時間は8時~16時30分(9月は16時まで)となっています。

  • キャンプ
    中木港の渡し船発着所からクルマで10分ほどの範囲には、キャンプ場がいくつかありますが、なかでもクルマで8分ほどのところにある「入間キャンプ村」、クルマで11分ほどのところにある「石廊崎オートキャンプ場」はヒリゾ浜へのアクセスも良いため、キャンパーたちから人気のキャンプ場となっています。

このように、ヒリゾ浜ではさまざまなレジャーを楽しむことができ、特に渡し船が運行される7月~9月の期間はたくさんの観光客が訪れます。特に週末やお盆などは中木港の渡し船発着所の駐車場は混雑するため、最寄り駅の伊豆急下田駅周辺の駐車場にクルマをとめて、バスでアクセスするパークアンドライドも検討すると良いでしょう。時間貸駐車場(コインパーキング)を利用する場合、駐車料金や最大料金の設定の有無を事前に確認しておき、駐車料金が高くなり過ぎないところを選ぶのがオススメです。予約制駐車場を利用すると、混雑する時期も確実にクルマをとめて、スムーズに移動することができます。

ヒリゾ浜周辺の観光スポット

ヒリゾ浜周辺にある観光スポットを紹介します。ヒリゾ浜に訪れた際、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

  • 石廊崎岬めぐり遊覧船
    中木港の渡し船発着所からクルマで10分ほどのところから乗船できる「石廊崎岬めぐり遊覧船」は、ヒリゾ浜のある伊豆半島最南端の自然を海から眺めることができる遊覧船で、伊豆の自然を楽しめる代表的な存在になっています。ヒリゾ浜だけでなく、切り立った断崖、白亜の灯台、野猿の生息する大根島や奥石廊崎を見ることができます。遊覧船のりばに区営の専用駐車場があり、クルマでのアクセスも可能です。

  • 石廊崎オーシャンパーク
    中木港の渡し船発着所からクルマで10分ほどのところにある「石廊崎オーシャンパーク」は、豊かな自然が残る石廊崎の魅力を発信する施設です。休憩施設や遊歩道などが整備されているほか、縁結びの神を祀った熊野神社や海上安全の神を祀った石室神社もあります。100台ほど収容可能な駐車場を完備しており、1日500円で利用可能です。

  • ユウスゲ公園
    中木港の渡し船発着所からクルマで5分ほどのところにある「ユウスゲ公園」は、国立公園(富士箱根伊豆国立公園)の指定植物であるユウスゲが有名な公園で、海岸から山にかけての草原に群生する黄色いユウスゲの花を楽しむことができます。ユウスゲは6月下旬~8月中旬ごろに見頃を迎え、夕方頃から翌日の午前中の間しか咲いていない可憐なユウスゲを見に多くの観光客が集まります。駐車場の用意はありますが台数に限りがあるため、周辺の予約制駐車場や時間貸駐車場(コインパーキング)の利用も検討しましょう。

このように、ヒリゾ浜の観光スポットには専用駐車場の用意があるところが多いですが、観光シーズンには混雑が予想されます。混雑を回避するには、早い時間に訪れるか、専用の駐車スペースを確保できる予約制駐車場の利用がオススメです。

ヒリゾ浜周辺をクルマで楽しむポイント

ヒリゾ浜からクルマで20-30分移動すると、黒船来航で有名な下田へ訪れることもできます。ヒリゾ浜で海水浴を楽しんだ後に食事や観光をすることもできるでしょう。
タイムズのBなら、利用時間内はクルマの出し入れが自由な駐車場もあるため、行動の幅を広げることができます。
ヒリゾ浜周辺へクルマでおでかけの際は、タイムズのBの利用をおすすめします。

【公式サイト】中木マリンセンター

※外部ページが開きます。

予約制駐車場のメリット

予約制駐車場は、その名の通り自分専用の駐車スペースをあらかじめ確保しておくサービスです。予約制駐車場のタイムズのBは、タイムズクラブへ無料登録するだけでスマホから簡単に予約可能です。また、最大2週間前から予約できる駐車場もあるため、おでかけの予定が決まったと同時に駐車場を確保することもできます。

また、タイムズのBでは空きスペースを駐車場として貸し出してくださるオーナーを募集しております。 初期費用無料で、お気軽に土地活用してみませんか?思わぬ副収入になるかもしれません。 詳しくは資料ダウンロード(無料) で、ご確認いただけます。ぜひご相談ください!

ヒリゾ浜周辺の駐車場をお探しならタイムズのB!

ヒリゾ浜は、ダイビングやシュノーケリングポイントとしても知られる透明度抜群の美しい海とサンゴ礁が魅力の浜辺です。ヒリゾ浜へは渡し船でしか行くことができないため駐車場はありませんが、中木港の渡し船発着所に駐車場があります。ただし、7月~9月の期間は多くの観光客が訪れ、駐車場は混雑します。周辺には予約制駐車場もあるため、そちらの利用も検討しましょう。 「タイムズのB」の駐車場予約サービスなら、桂浜周辺にクルマでおでかけする際に駐車場の混雑が予想される場合でも、駐車スペースを事前に確保することができます。ヒリゾ浜におでかけの際にはぜひご利用ください。

(関連)静岡県内スポット一覧から周辺駐車場を探す

ヒリゾ浜の所在地・住所

静岡県賀茂郡南伊豆町中木
  • 駐車場写真

    読み込み中...