駐車場を探す

ご利用ガイド

おすすめ情報

駐車場を貸す

法人のお客様

サポート

パーク24グループサービス

軽井沢近くの予約できる駐車場

軽井沢近くの予約できる駐車場

軽井沢

知っておきたい!
駐車場選びのポイント

料金相場
軽井沢プリンスショッピングプラザ駐車場(公式)では、初回2時間まで無料、以後60分ごとに100円です。
観光
軽井沢は長時間滞在したくなるエリア。特に休日は、空車の駐車場探しが難しいでしょう。
サービス
お買い物や食事等で駐車料金の割引や無料サービスが適用される近隣施設付帯駐車場もあるようです。
軽井沢

周辺の時間貸駐車場(予約不可)

軽井沢近くの優待サービス

近くに割引や特典のある施設があります。
タイムズのBご予約時に入会いただく、タイムズクラブ会員ならどなたでもご利用できます。

タイムズクラブ(無料)に入会して 今すぐ「タイムズのB」を利用しよう

1日単位の定額料金で、出し入れ自由!
全国の駐車場をWEBから予約できるサービスです

法人入会はこちら

タイムズ24は東京2020オリンピック・パラリンピックを応援しています。

軽井沢の特徴

長野県北佐久郡に位置する山に囲まれたリゾートタウンで、明治時代に外国人宣教師たちが夏の避暑地として活用したことが火付けとなり、異国情緒あふれる独特の雰囲気を持つ別荘地として人気になりました。今でもキリスト教系教会がいたるところにあり、レトロで洗練なホテルや美味しいベーカリー、カフェなどは、訪れる人々を魅了してやみません。夏はゴルフやサイクリング、冬はスキーや温泉を目当てに来る観光客も多く、グルメ、ショッピング以外にもレジャー観光地としても有名である一方で、東京からクルマでは、中央自動車道に乗っておよそ3時間で着く立地の良さも人気の理由の一つと言えるでしょう。

軽井沢の主要駅である「軽井沢駅」は、JR東日本が運行する北陸新幹線(長野新幹線)としなの鉄道が運行する、しなの鉄道線の乗り継ぎ駅となっています。遠方から新幹線で訪れた観光客が、自身の目的に合わせて次の目的地に向かうための中継地点として機能しています。軽井沢周辺には「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」や「軽井沢銀座商店街」があり、ショッピングやグルメのエリアは国内外からの観光客で非常に賑わっています。
そのほか、軽井沢駅から星野リゾートが監修する「ハルニレテラス」や「星野温泉 トンボの湯」の最寄り駅である「中軽井沢駅」までは、クルマでおよそ8分、電車で一駅なので、アクセスも良好です。もう一駅先の「信濃追分駅」まで行けば、かつての中山道の趣を残した「追分宿」の集落が現れ、江戸時代へ一気にタイムスリップした感覚に陥ります。

軽井沢は広々とした場所である反面、施設同士が離れている傾向があるので、天気の良い日であれば、クルマでアクセスして駅や施設周辺の駐車場に停めて、歩きながら観光めぐりするのに最適です。タイムズのBなら、1日定額制で利用時間内だと入出庫なんどでも可能な駐車場が多数あるため、軽井沢観光にぴったりなサービスです。

観光やレジャーで人気の一方、軽井沢はリゾート観光地のため、宿泊施設や商業店舗で働く人の通勤や商談、搬入出の業者が多く、平日・休日を問わずビジネスシーンのクルマ利用は頻繁に行われています。
なお、地元の方も使用する電車やバス等の公共機関も充実しているため、観光地周辺にお出かけする時は事前に時刻表をチェックしておき、クルマと併用するのも良いでしょう。

軽井沢の魅力

さて、軽井沢は長野県と群馬県にまたがるように広がっていますが、人気観光地は軽井沢駅周辺と中軽井沢駅周辺に集まっています。各駅とも北陸新幹線を挟んで南北で様相が変わっています。

  • 「軽井沢駅北側」
  • 旧軽井沢と言われるエリアで、「軽井沢銀座商店街」に軽井沢を代表する「ミカド珈琲店」や「沢村」をはじめとした有名ベーカリー、土産物店が多く立ち並び、静かなスポット「雲場池」や「万平ホテル」など歴史深いホテルがあって、食べ歩きをしながら軽井沢の雰囲気を存分に楽しめるエリアとなっています。
  • 「軽井沢駅南側」
  • アウトレットショッピングモールの「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」があるため、思う存分お買い物を楽しむことができます。
  • 「中軽井沢駅北側」
  • ランチに良さそうなイタリアンやフランス料理などのおしゃれなレストランから気軽に入れる居酒屋などの飲食街が駅前に現れます。さらに北上していけば、星野リゾートや開放感あふれるショッピングエリアの「ハルニレテラス」、神秘の滝である「白糸の滝」にたどり着きます。軽井沢駅周辺とは違い、落ち着いた自然を感じることができ、軽井沢特有の開放感の中でリラックスできます。
  • 「中軽井沢駅南側」
  • レジャー施設の「軽井沢タリアセン」やカーリング競技大会が行われた「軽井沢アイスパーク」で体を動かすこともできます。家族や一緒にきた仲間とスキーやゴルフ以外のスポーツで遊ぶことができると好評のスポットです。


このように見所が多い軽井沢ですが、駐車場が点在しており、特に軽井沢駅周辺のアウトレット施設併設駐車場や商店街にある飲食店併設の駐車場が多くを占めています。また観光地の近くには町営駐車場もあるため、クルマのアクセスには困らないようです。しかし、中軽井沢駅周辺は、国道146号線沿いに人気スポットや高級旅館があるため、クルマやバスで移動する観光客が大半を占めるため、ホテルや旅館、施設に駐車場を備えていることが多く、時間貸駐車場(コインパーキング)が少ないエリアとなっています。軽井沢で働くビジネスマンが平日に駐車場を利用する場合もあるため、平日・休祝日いつでも需要が高く混雑する可能性があります。確実に駐車したい方は、事前に周辺の駐車場を調べてからおでかけすることをオススメします。

軽井沢駅周辺で食事・ショッピング等

「軽井沢駅北側」は、別荘やコテージを持つ富裕層向けに作られた商店が出来はじめた地域と言われており、今では「旧軽井沢」と呼ばれています。軽井沢最大の歓楽街である軽井沢銀座商店街は、銀座通沿いに軽井沢を代表するグルメ有名店がひしめき合っています。代表的なお店を紹介すると、「川上庵 本店」は、開放感のある店内で食べることができる蕎麦が絶品と評判で、いつも行列が絶えません。モカソフトとコーヒーが看板商品の老舗喫茶店「ミカド珈琲軽井沢旧道店」では、テイクアウトもできるので、小腹が空くカフェタイムや食べ歩きにぴったりです。さらに、老舗ホテルの「万平ホテルのカフェテラス」では、あのジョンレノンファミリーも愛したとされるロイヤルミルクティーが有名で、優雅なティータイムを楽しむことができます。予約必須の人気スポットですが、カフェの予約をしておかないとホテルの駐車場が混雑して入れない可能性があります。しっかりと事前に混雑状況をチェックしてから向かいましょう。

一方で、「軽井沢駅南側」には、アウトレットモール「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」が駅直結で出迎えてくれます。およそ200を超える店舗施設には、インポートセレクトショップが揃うツリーモールやフードコート以外にも、犬が遊べるドッグランやお子様が思いっきり遊べるキッズパークもあり、家族連れにも嬉しいスポットです。
軽井沢の中でもダントツの品揃えを誇るため、お土産探しはもちろん、ウィンドウショッピングすると新しい発見があるかもしれません。

このような商業エリアにクルマで遊びに来る際は、駅周辺の市営時間貸駐車場(コインパーキング)や娯楽施設や商業施設併用の駐車場にとめることをオススメします。休日は満車になる可能性が高いので、予約制駐車場も合わせて確認しておきましょう。

中軽井沢駅周辺で食事・ショッピング等

「中軽井沢駅北側」は、ゆっくりお酒が飲めるような居酒屋やラーメン屋さん、少し隠れ家のような洋食屋さんが佇む下町風情がある飲食街が駅前に広がります。ログハウス調の見た目の店内でリーズナブルに焼肉がいただける「ろぐ亭本店」や一人でも気軽に入りやすい「Brunch cafe LAPIN」などシチュエーションに合わせて様々な食事を楽しむことができます。野鳥の森方面に向かえば、新緑あふれる空間で飲食店とショッピングショップが集まった「ハルニレテラス」が現れます。星野温泉を監修している星野リゾートが手がける温泉街で、イタリアンの「イル・ソーニョ」のようなレストランをはじめ、カフェスイーツや北欧の雑貨店等などが集結しています。ホテルの外に出て、ランチやディナーをしようと訪れる観光客で賑わっています。
また、ハルニレテラスからクルマで3分ほどの場所にある「石の教会 内村鑑三記念堂」は、不思議と柔らかな雰囲気に包まれており、観るものをリラックスさせるため、ショッピングがひと段落したら訪れてみても良いかもしれません。

反対側の「中軽井沢駅南側」には、他のエリアのような商業施設や歓楽街はありませんが、グランピングが楽しめるキャンプ地「KARUIZAWA CAMP GOLD」が人気です。夏の行楽シーズンでは、予約が取れないほどの人気エリアとなりますが、清潔で気持ち良いキャンプ場なので、小さなお子様がいても安心と評判です。

このように、中軽井沢駅周辺は主要スポット同士の距離が離れているため、クルマで移動することが得策です。しかし、周辺はペンションや高級リゾートエリアが多いため、駐車場はできるだけ併設のものを利用しましょう。時間貸駐車場(コインパーキング)を利用する場合は、最大料金が周辺に比べて安いかどうか、駐車場の割引サービスはあるのかどうか等も気になります。しっかりチェックしておきましょう。

軽井沢駅周辺で観光・イベント等

「軽井沢駅北側」には、最初に軽井沢を避暑地として有名にした宣教師所縁の教会である「軽井沢ショー記念礼拝堂」をはじめとして、多くのキリスト教会が創建されており、軽井沢でウェディングを挙げるカップルも珍しくありません。旧軽井沢銀座商店街から「チャーチストリート軽井沢」を抜けると、「軽井沢聖パウロカトリック教会」に行くことができるので、ショッピングと異国情緒あふれる観光を同時に楽しめるエリアとなっています。他にも、澄んだ水に紅葉の葉が映ると美しい「雲場池」や重要文化財に指定されている明治時代の高級洋館ホテル「旧三笠ホテル」があります。クラシカルで落ち着いた観光スポットを周れば、明治時代の偉人が愛した軽井沢と同じ風景を見ることができるでしょう。

一方で「軽井沢駅南側」は、軽井沢プリンスホテルリゾートが運営するアウトレットモールが中心にありますが、ゴルフ場やスキー場も数多くある人気のレジャースポットです。特に「軽井沢プリンスホテルスキー場」では、毎年冬のシーズンになるとおよそ2万人もの利用者が押し寄せる長野有数のスキー場です。アウトレットモールと直結しているため、スキーを満喫した後に好きな料理を選べる気軽さが魅力の一つです。夏の間でもリフトを使って山頂まで行くことができるため、通年人手の多い場所でもあります。そのため、長期休暇シーズンや休日などにクルマでアクセスする際は、必ず軽井沢プリンスホテルリゾートが運営する駐車場や周辺の時間貸駐車場(コインパーキング)の混雑状況を確認しておきましょう。リゾート内施設の利用で、駐車場料金割引サービスが付いてくるのかどうかもチェックしておきたいところです。

中軽井沢駅北側周辺で観光・イベント等

「中軽井沢駅北側」は、ペンションやコテージ、高級旅館が密集しているエリアですが、観光目的で訪れたい場所はたくさんあります。星野リゾートが運営する「星野温泉 トンボの湯」は日帰り温泉でも利用できる源泉かけ流しの名湯です。1年を通して入湯することができますが、少し肌寒くなってきた秋頃に紅葉を見ながらくつろぐ時間は贅沢の一言に尽きます。駐車場は行楽シーズンと休日を除いて、平日は無料で停めることができるので、クルマでふらりと来た先には特にオススメです。また、星野リゾートはネイチャーツアーにも力を入れており、「ピッキオ」では野鳥観察やナイトサファリツアーなど軽井沢の自然に触れるレジャーに参加することができます。森の生き物たちとの出会いを楽しめるとお子様から大人まで幅広い年代に人気のアクティビティスポットですが、軽井沢駅からクルマでおよそ15分とアクセスしやすい環境も人気の一端を担っています。

さらに北に進むと、浅間山の山道に入っていきます。クルマで国道146号線を北上し、右折して有料道路「白糸ハイランドウェイ」を進めば、軽井沢を代表する観光名所の「白糸の滝」に到着します。慎ましく岩面を流れる滝がまるで絹糸のように見えるためこの名がついた、マイナスイオ満載な癒しスポットです。夏の昼間は涼む目的も含めて訪れる観光客がほとんどですが、夜はプロジェクションマッピングを滝に投影するイベントを開催しているため、1日中観光客が絶えません。白糸ハイランドウェイは軽井沢駅方面にも通じているためか、白糸の滝から約200m先の無料駐車場はハイシーズンになると平日であっても大変混雑します。1日定額制の予約制駐車場を利用することも検討事項に加えておくことをオススメします。

加えて、白糸ハイランドウェイに入らずに、有料道路の鬼押しハイウェイを進めば、浅間山の麓に「鬼押出し園」が現れます。周囲には溶岩石が転がっているので、太古から噴火が続く浅間山の力強さを感じることができます。さらに進めば、群馬県に位置する「軽井沢おもちゃ王国」という軽井沢唯一の遊園地が見えてきます。小さなお子様が喜ぶアトラクションが多いため、お子様連れの家族で休日は賑わっています。軽井沢駅からクルマで移動すれば、およそ40分でたどり着く上、さらにクルマで10分ほどのところに万座温泉郷があるので、軽井沢から万座温泉へハシゴ旅をする方に人気のスポットでもあります。
それぞれの観光スポットには併設の駐車場が完備されているため、クルマでの移動がオススメです。

中軽井沢駅南側周辺で観光・イベント等

一方で「中軽井沢駅南側」にある塩沢湖周辺は、「中軽井沢北側」とは違い、ゆったりとした自然に包まれた景色がより一層広がっています。ファミリー層やペット同伴の観光客が特に訪れる「軽井沢タリアセン」は、塩沢湖のほとりに歴史ある洋館「睡鳩荘」や「ペイネ美術館」などの美術館があるアートと自然を融合したような観光スポットです。天気の良い日にはボートやゴーカート、ゴルフ、テニスなど屋外スポーツを楽しみ、雨であればアーチェリーなどの屋内スポーツをお子様と一緒にすることができます。すぐそばの「湯川ふるさと公園」では、湯川渓谷で釣りをすることができます。渓谷釣りができる貴重なスポットなので、シーズンになると至る所に釣りをする方を見かけます。

以上のように、それぞれに合った楽しみ方でストレスレスに過ごすことができるため、長期滞在で少しゆっくりした方や軽井沢で違った楽しみ方をしたい方、アートに関心がある方などにオススメです。南軽井沢ですが、収容台数180台の駐車場も完備しているため、クルマを使ったアクセスも簡単です。また、天候に左右されずに楽しめる「軽井沢アイスパーク」では、カーリング体験に参加することができます。軽井沢風越公園の駐車場を無料で利用できるため、クルマで気軽に来ることができると評判です。

このように、夏の避暑地として定番の軽井沢ですが、春から秋にかけての行楽シーズン、冬のスキーや温泉旅行など1年を通して人で賑わっています。レジャー施設も多数ある中で、併設の駐車場を利用することは一番に考える必要はありますが、その日の混雑状況によっては、駐車場料金が安い駐車場から満車になっていく可能性が高いです。また、ホテルや旅館が点在しているので、混雑が予想されるグルメのイベントや長倉納涼花火大会などのお祭りの際は、予約制駐車場を使って賢く立ち回ることをオススメします。

軽井沢周辺のビジネス環境

近年では、「軽井沢駅北側」や「中軽井沢駅北側」を中心にコワーキングスペースとしてオフィスを提供するサービスが増えています。多様な働き方を実現する環境設備を備えており、仕事をした後に観光に出かけるワーケーションを求め、県内外から多くの人が訪れます。もちろん、「軽井沢駅南側」に位置する軽井沢プリンスホテルリゾートからも提供しており、リゾートテレワークの一大拠点として発展していくかもしれません。また、高級ホテルの他に軽井沢周辺にはビジネスホテルも多くあり、秋の紅葉シーズンや夏の長期休暇の間に、研修や出張、合宿などの宿泊先をお探しの方は、観光客が増えるため確保できる客室は少なくなると予想できるため、日程が決まり次第、早めに部屋を抑えることは得策でしょう。

一方で、「中軽井沢南側」のレジャー施設や物産展、軽井沢駅周辺の商業施設や娯楽施設、「中軽井沢北側」の宿泊エリアも含んだ軽井沢に点在するホテルや旅館には、多くの従業員や提携している仕入れ運搬業者が出入りしています。平日であっても軽井沢の飲食店や土産物店の仕入業者等による搬入作業や、その店で働く従業員の通勤等で駐車場が混雑する時間帯があります。クルマで周辺に立ち寄る際は、混雑時を見極めて近辺駐車場を利用するのが良いでしょう。

このように、軽井沢周辺では商業施設や娯楽施設、レジャースポット、ホテルに勤務している方も多く、商談や会議、搬入等でクルマを使用するため平日に駐車場需要は高いことがあります。また、近年ではクルマ通勤も多くなっているため、駐車場のニーズは高まっていると言えるでしょう。出張や研修等で軽井沢に滞在するのであれば、併設の駐車場があるかどうか、提携駐車場はあるかどうかも気になるところです。事前に混雑状況を確認しておくことで、当日のスムーズな移動にも大きく役立つかもしれません。

まとめ

「タイムズのB」の駐車場予約サービスなら、混雑が予想される場合でも予約で車室を事前に確保することができ、快適なおでかけをサポートすることができます。是非おでかけの際にご利用してみてください。

軽井沢周辺の駅

  • 軽井沢駅(JR 信越本線)
  • 軽井沢駅(JR 北陸新幹線)
  • 軽井沢駅(しなの鉄道)

軽井沢周辺の施設

  • 軽井沢大賀ホール
  • 雲場池

周辺の主要スポット

  • 駐車場写真

    読み込み中...