駐車場を探す

ご利用ガイド

おすすめ情報

駐車場を貸す

法人のお客様

サポート

パーク24グループサービス

五稜郭近くの予約できる駐車場

五稜郭近くの予約できる駐車場

五稜郭

知っておきたい!
駐車場選びのポイント

料金相場
昼間帯相場(時間貸し)は220円/60分、最大料金ありの駐車場が多いエリアです。
イベント
箱館五稜郭祭などのイベント時は周辺駐車場が混雑するため、予約制駐車場の利用も検討しましょう。
遊び
五稜郭タワーへクルマでおでかけの際は、函館市五稜郭観光駐車場の利用がオススメ。
五稜郭

  • 14

周辺の時間貸駐車場(予約不可)

五稜郭近くの優待サービス

近くに割引や特典のある施設があります。
タイムズのBご予約時に入会いただく、タイムズクラブ会員ならどなたでもご利用できます。

  • 箱館奉行所

    ここから27m

    箱館奉行所

    オリジナルポストカードプレゼント

タイムズクラブ(無料)に入会して 今すぐ「タイムズのB」を利用しよう

1日単位の定額料金で、出し入れ自由!
全国の駐車場をWEBから予約できるサービスです

法人入会はこちら

タイムズ24は東京2020オリンピック・パラリンピックを応援しています。

五稜郭の特徴

五稜郭は北海道函館市にある、江戸時代末期に建てられた城郭です。箱館開港時に函館山の麓に築かれ、江戸幕府が崩壊後、旧幕府軍が占領し本拠地となりました。その後箱館戦争の際に新撰組の土方歳三が戦死し、戊辰戦争が終結した地として知られています。
五稜郭は現在「五稜郭公園」として一般開放されており、桜の名所として親しまれています。また、五稜郭に隣接して建てられた「五稜郭タワー」は、五稜郭と同じ星形をモチーフにしており、展望台からの素晴らしい眺望は一見の価値ありです。
五稜郭では「箱館戦争戦没者供養祭」「箱館五稜郭祭」などの五稜郭ならではの歴史を感じるイベントのほか、毎年11月後半-2月までの間は「五稜星の夢イルミネーション」が開催されており、昼だけでなく夜の時間帯も多くの観光客が訪れます。
五稜郭の最寄り駅は市電・五稜郭公園前ですが、駅からは徒歩18分ほどと少し離れています。バスでのアクセスも可能で、函館バスを利用する場合は五稜郭公園入口のバス停で下車して徒歩10分ほど、函館駅前から五稜郭タワーシャトルバスを利用する場合は、五稜郭タワー前のバス停で下車して徒歩3分ほどとなっています。
クルマでアクセスする場合は、函館空港から漁火通り・国道278号経由で15分ほど、函館駅から公園線経由で15分ほど、函館山からだと北海道道675号と公園線を経由して30分ほどで到着します。

五稜郭での駐車場活用

五稜郭には専用の駐車場がありませんが、五稜郭南側の五稜郭病院周辺には有料駐車場が複数あるため、クルマでのアクセスが便利です。
五稜郭観光に訪れた方がよく利用する駐車場は、五稜郭から徒歩2分ほどのところにある「函館市五稜郭観光駐車場」で、90台以上収容可能です。また、五稜郭タワーに訪れた方がよく利用する駐車場は、五稜郭タワーからは徒歩1分ほどのところにある「函館市芸術ホール駐車場」で、200台以上収容可能です。どちらも有料駐車場で、料金は1時間まで200円、その後30分ごとに100円ずつ加算されていきますが、「北海道立函館美術館」、「函館市北洋美術館」の入館者や、「函館市芸術ホール」の利用者は2時間まで無料になります。
ほかにも、「函館市中央図書館」の正面玄関に向かって右側にある「函館市中央図書館駐車場」は、150台ほど収容可能です。料金は2時間まで200円、その後30分ごとに100円が加算されますが、函館市中央図書館と近隣にある総合保健センターを利用した場合は2時間まで無料になります。
このように、五稜郭周辺には複数の駐車場が点在していますが、五稜郭にたくさんの人が訪れる桜や紅葉のシーズン、イベントのある時期にはどの駐車場も混雑します。駐車場の混雑が予想されるときは、自分専用の駐車スペースを確保できる予約制駐車場の利用も検討しましょう。

五稜郭の施設を楽しむ

五稜郭には歴史を感じる施設が複数あり、途中には気軽に立ち寄れる休憩処もあるため、ゆっくりと見て散策しながら見て回るのがオススメです。

  • 箱館奉行所
    「箱館奉行所」は、江戸時代に建てられた奉行所を復元し、当時の状態を再現した施設です。現代建築では見られなくなった豪華な様式が採用されており、玄関上には欅の梁、大広間には備後畳が敷き詰められています。また、幕末の再現ゾーンや五稜郭や函館の歴史を解説してくれるゾーン、復元工事がどのように行われたのかを説明してくれる映像が見られるゾーンがあります。

  • 半月堡
    「半月堡」は五稜郭の五角形の外側の南側にある小要塞で、元々は5つ配置される予定でしたが、工事規模の縮小などから実際にはひとつだけになりました。西洋式の土塁で美しい景色を楽しむことができます。

  • 兵糧庫
    「兵糧庫」は、五稜郭が建築された時からある唯一の現存建築物です。箱館戦争時代には食糧庫として使用されていたと考えられており、現在では五稜郭内で発掘された磁器やガラス製品、木製の水道用樋の実物、一の橋で用いられていた古材などの大型資料が展示されています。五稜郭の歴史を語る上で重要な建物です。

五稜郭でイベントを楽しむ

五稜郭では季節ごとに様々なイベントが行われています。四季折々の五稜郭で楽しめるイベントをご紹介します。

  • 箱館戦争戦没者供養祭
    「箱館戦争戦没者供養祭」は、五稜郭で毎年5月11日に行われる供養祭です。5月11日は戊辰戦争最後の戦いである箱館戦争で、新政府軍の箱館総攻撃が行われ、土方歳三の命日となっている日です。この日は多くの人が五稜郭を訪れ、慰霊祭に参列します。

  • 箱館五稜郭祭
    「箱館五稜郭祭」は、箱館戦争で命を落とした人々の霊を供養するために五稜郭で行われるイベントです。毎年5月中旬ごろに開催され、午前中には旧幕府軍と新政府軍が身につけていた衣装を着た一行が中島三郎助父子最期之地碑、碧血碑、土方歳三最期之地碑、箱館戦争供養塔の4ヶ所を巡礼します。午後になると、土方歳三のものまねを競う「土方歳三コンテスト全国大会」などのイベントが多く開催されて盛り上がります。

  • 五稜星の夢イルミネーション
    「五稜星の夢イルミネーション」は、五稜郭で毎年11月後半-2月ごろまで行われるイルミネーションイベントです。五稜郭の堀の中に2,000個ほどの電球が設置され、美しく彩られます。特に五稜郭から徒歩1分ほどのところにある「五稜郭タワー」からの眺めは素晴らしく、デートで訪れるのにぴったりです。

五稜郭では1年を通じてさまざまなイベントが開催されており、特に箱館五稜郭祭のような人気イベントにはたくさんの観光客が訪れるため、五稜郭周辺の駐車場は混雑します。
五稜郭周辺には予約制駐車場も複数点在しているため、自分専用の駐車スペースを確保でき、スムーズに移動ができる予約制駐車場の利用もオススメです。

五稜郭タワーからの眺めを楽しむ

五稜郭の南側にある「五稜郭タワー」は、五稜郭はもちろん、函館山や津軽海峡などの美しい景色が望める展望台やレストラン、五稜郭の歴史が学べる展示スペース「五稜郭歴史回廊」や強化ガラスの床で下が見えるシースルーフロア、休憩ができるカフェも備わったアトリウムなどが揃った施設です。
五稜郭全体の眺めを楽しんだり、五稜星の夢イルミネーションイベントを楽しんだりするほか、アトリウムには土方歳三のブロンズ像が設置されており、五稜郭をバックに記念撮影ができます。
五稜郭タワーにクルマで訪れる場合は、函館市芸術ホール駐車場が最も近くて便利です。また、五稜郭タワーは五稜郭から徒歩1分ほどのところにあるため、五稜郭周辺にあるどこか1ヶ所の駐車場にクルマをとめて、五稜郭内の施設や五稜郭タワーを徒歩でのんびり巡るのも良いでしょう。

まとめ

五稜郭周辺には徒歩5分ほどの範囲内に、複数の有料駐車場が点在しています。春の桜や秋の紅葉など、観光シーズンや五稜郭でイベントが開催される日は、駐車場の混雑が予想されるため、あらかじめ周辺駐車場情報を調べておき、予約制駐車場の利用も検討しておくと良いでしょう。
「タイムズのB」の駐車場予約サービスなら、混雑が予想される場合でも自分専用の駐車スペースを確保することができます。五稜郭へのおでかけの際は、ぜひご利用ください。
また、タイムズのBでは空きスペースを駐車場として貸し出してくださるオーナー様を常に募集しております。初期費用無料で、お気軽に土地活用してみませんか?思わぬ副収入になるかもしれません。詳しくは資料ダウンロード(無料) で、ご確認いただけます。ぜひご相談ください!

五稜郭周辺の施設

  • 五稜郭タワー

周辺の主要スポット

  • 駐車場写真

    読み込み中...