駐車場を探す

ご利用ガイド

おすすめ情報

駐車場を貸す

法人のお客様

サポート

パーク24グループサービス

群馬県庁近くの予約できる駐車場

群馬県庁近くの予約できる駐車場

群馬県庁

知っておきたい!
駐車場選びのポイント

料金相場
群馬県庁併設の県民駐車場は2時間まで無料、以降は100円/30分で利用できます。
混雑回避
イベントがある日は混雑が予想されるため、周辺にある予約制駐車場の利用がオススメ。
観光
桜の名所として知られる楽歩堂前橋公園は、無料の駐車場が2ヶ所あり、計270台以上収容可能です。
群馬県庁

  • 18

新着レビュー

周辺の時間貸駐車場(予約不可)

タイムズクラブ(無料)に入会して 今すぐ「タイムズのB」を利用しよう

1日単位の定額料金で、出し入れ自由!
全国の駐車場をWebから予約できるサービスです

法人入会はこちら

群馬県庁の特徴

群馬県庁は群馬県前橋市にある公的機関です。県の予算や税金に関わる事務業務に加え、福祉、教育、医療、産業、観光といった県民生活に直接関わる業務を幅広く行っており、敷地内には、ほかに県議会庁舎、昭和庁舎、警察本部なども備えています。
群馬県庁は南フロアと北フロアに分かれており、県庁舎としては日本一の高さを誇る32階の「展望ホール」からは周囲を取り囲む雄大な山々や街並みを360度のパノラマで見渡すことができます。さらに、同じく32階には、共用オフィスとしてはもちろん、ビジネスを始める人や企業、NPO、研究機関、市町村、県が直接交流できる「NETSUGEN」が設置されており、新たなイノベーションを生み出す場としてビジネスマンに活用されています。
また、群馬県庁周辺には「前橋市役所」や、頼れる大きな病院「JCHO 群馬中央病院」、市民の憩いの場「楽歩堂前橋公園」といった暮らしに便利な施設が集まっているため、平日休日問わず多くの人が集まるエリアとなっています。
群馬県庁へのアクセスは、JR線の前橋駅からバスで6分、新前橋駅からバスで7分、上毛電気鉄道の中央前橋駅からバス7分です。クルマの場合は関越自動車道前橋ICから10分ほどでアクセス可能です。

群馬県庁の駐車場活用

群馬県庁には770台ほど収容可能な県民駐車場が用意されており、県庁はもちろん、同敷地内にある県議会、警察本部、昭和庁舎、群馬会館などに用事のある方のみが利用できます。時間は8時-22時30分まで利用でき、料金は2時間まで無料で、以降は30分ごとに100円かかります。
群馬県庁の県民駐車場は、来庁者のみならず周辺の公共施設へ訪れる方も利用するため、駐車場が混雑する場合があります。そのため、群馬県庁へクルマで訪れる際は、周辺の時間貸駐車場(コインパーキング)や予約制駐車場の利用も検討しましょう。群馬県庁での用事が長時間になる場合や、周辺で観光やお食事を楽しむ場合は駐車場利用時間が長くなるため、最大料金が設定されている駐車場を選ぶほか、駐車場の混雑が予想されるときは自分専用の駐車スペースを予約しておくと安心です。

群馬県庁敷地内のレストラン・カフェでお食事を楽しむ

群馬県庁内や隣接の建物には一般来庁者も利用できるレストランやカフェがあります。

  • くろ松
    群馬県庁31階には、四季折々の新鮮な食材にひと手間かけた日本料理がいただける、くろ松があります。地産地消を推進し、群馬県産の豚や旬の野菜、キノコを用いた料理、群馬県の郷土料理のおっきりこみといった群馬県ならではの料理が味わえると好評です。また、寒い時期には鍋料理もあり、季節に応じてさまざまなメニューを提供しています。

  • YAMATOYA COFFEE
    群馬県庁32階には、群馬県高崎市に本店を構える大和屋直営のコーヒースタンド、YAMATOYA COFFEEがあります。丁寧にハンドドリップした自慢のコーヒーはもちろん、県産の食材を使ったアレンジコーヒー、珈琲ソフトクリームといった、コーヒー好きにはたまらないラインナップのカフェです。また、種類豊富なサンドイッチや、スイーツ、夜にはアルコールの提供もしています。

  • 群馬会館食堂
    群馬県庁敷地内の群馬会館地下1階には、創業1930年という歴史ある、群馬会館食堂があります。創業当時のステンドグラスが今も残っており、当時の雰囲気を感じながら味わえるのは、名物のハヤシライスやハンバーグ、エビフライ、カニクリームクロケットなど、どれも懐かしくて上質な洋食です。また、天皇皇后両陛下の食事も担ったこともあるほど歴史と伝統のあるレストランのため、一度は食べてみたいと、多くの人が訪れます。

  • G・FACE・CAFE
    群馬県庁敷地内の昭和庁舎1階には、オーストリアのウィーンをモチーフにしたカフェ、G・FACE・CAFEがあります。歴史ある昭和庁舎の建物と、ヨーロピアンな店内がマッチしており異国情緒を感じられます。ウィーン直輸入の珈琲豆を使用した香り高いコーヒーや、見た目にも美味しい種類豊富なケーキをいただけます。また、不定期で生演奏のライブも行われています。

このように、群馬県庁敷地内には個性豊かなレストランやカフェがあり、地元の方のみならず県外からも多くの人が訪れます。群馬県庁内で時間を気にせずゆっくり食事やカフェを楽しみたい場合は、駐車場利用時間が長くなるため、最大料金が設定されている駐車場を選ぶと良いでしょう。

群馬県庁周辺の観光スポット

群馬県庁周辺の観光スポットを紹介します。

  • 展望ホール
    群馬県庁の32階は無料の展望ホールがあり、日本三大河川のひとつである利根川や、前橋の市街地、天気が良い日は赤城山や榛名山の雄大な山々も見渡せるため、県内でも有数の展望台として知られています。また、夜には利根川にかかる群馬大橋や群馬会館のライトアップなどの夜景も美しく、日が落ちてからも多くの人が訪れます。

  • 昭和庁舎
    昭和3年に建てられ70年以上もの間、県庁としての役割を果たしてきた昭和庁舎は、昭和の典型的な洋風建造物で、平成8年に登録有形文化財に登録されました。現在は一般開放され、会議室や展示室、記念室、喫茶、ロビー室を備えており、昭和の雰囲気を肌で感じることのできる施設です。

  • 楽歩堂前橋公園
    群馬県庁から徒歩5分ほどのところにある、楽歩堂前橋公園は、明治38年建設の前橋市内で初めて作られた公園です。園内には皇太子殿下のご成婚を記念して鶴の舞う形の群馬県を模した「さくちの池」をはじめ、ピクニックができる芝生広場や、中央児童遊園の「るなぱあく」があり、春には桜の名所として知られているため、家族連れやカップル、友人同士で賑わいます。楽歩堂前橋公園は無料の駐車場が2ヶ所あり、みどりの散策エリア西の駐車場が220台ほど、るなぱあく専用駐車場が50台以上とめることができるため、クルマでの移動に便利です。

このように群馬県庁周辺には、群馬県を存分に楽しめる観光スポットがあります。休日には駐車場の混雑が予想されるため、事前に駐車場を調べておき、時間貸駐車場(コインパーキング)や予約駐車場を利用するのがオススメです。

群馬県庁周辺のイベント

群馬県庁周辺では、楽しいイベントも開催されます。

  • ニューイヤー駅伝
    元日の恒例イベント「ニューイヤー駅伝」の発着場所は群馬県庁です。全国のトップランナーが駅伝の日本一を目指して群馬県庁からスタートし、7人で襷を繋いでまた群馬県庁へと戻ってきます。その勇姿をひと目見ようと、例年多くの人が訪れます。ニューイヤー駅伝当日は大規模な交通規制が行われるため、道路が渋滞する可能性があります。事前に周辺の時間貸駐車場(コインパーキング)を調べておくと安心です。

  • 前橋花火大会
    群馬県庁の西側を流れる利根川の河川敷では、毎年8月に「前橋花火大会」が行われます。空中ナイアガラやスターマイン、仕掛け花火など、15,000発ほどの花火が2時間ほどにわたって打ち上がります。また、豚肉料理のNo.1を決める「T-1」グランプリも開催されます。会場となる利根川河畔大渡橋南北河川緑地には、当日4,440台以上の駐車場が用意されますが、大規模イベントのため駐車場や周辺道路の混雑が予想されるため、早い時間に移動するか、周辺の時間貸駐車場(コインパーキング)を利用しましょう。

このように、群馬県庁周辺では季節によってさまざまなイベントが催されており、イベント当日は多くの人が訪れるため、駐車場や周辺道路の混雑が予想されます。混雑を回避するためには、早い時間に訪れるほか、自宅最寄り駅周辺の時間貸駐車場(コインパーキング)にクルマととめ、公共交通機関でアクセスするパークアンドライドの利用も検討しましょう。

まとめ

群馬県庁にクルマで訪れる際は、県民駐車場が利用できるほか、周辺には時間貸駐車場(コインパーキング)や予約制駐車場もあります。ただし、群馬県庁周辺には人気の観光スポットが多く駐車場の混雑が予想されるため、予約制駐車場の利用も検討しましょう。
「タイムズのB」の駐車場予約サービスなら自分専用の駐車スペースが確保でき、混雑が予想される日でもスムーズにクルマがとめられます。奈良県庁を訪れる際は、ぜひご利用ください。

周辺の主要スポット

  • 駐車場写真

    読み込み中...