駐車場を探す

ご利用ガイド

おすすめ情報

駐車場を貸す

法人のお客様

サポート

パーク24グループサービス

鶴ヶ城近くの予約できる駐車場

鶴ヶ城近くの予約できる駐車場

鶴ヶ城

知っておきたい!
駐車場選びのポイント

料金相場
鶴ヶ城には3ヶ所駐車場があり最初は200円/60分、その後100円/60分加算されていきます。
イベント
春と秋には桜と紅葉のライトアップがされ、多くの観光客で駐車場が混雑します。
混雑回避
駐車場の混雑が予想されるときは予約制駐車場かパークアンドライドの利用を検討しましょう。
鶴ヶ城

周辺の時間貸駐車場(予約不可)

鶴ヶ城近くの優待サービス

近くに割引や特典のある施設があります。
タイムズのBご予約時に入会いただく、タイムズクラブ会員ならどなたでもご利用できます。

タイムズクラブ(無料)に入会して 今すぐ「タイムズのB」を利用しよう

1日単位の定額料金で、出し入れ自由!
全国の駐車場をWebから予約できるサービスです

法人入会はこちら

鶴ヶ城の特徴

鶴ヶ城は福島県会津若松市にある難攻不落の城とうたわれた名城で、鶴ヶ城公園内にあります。赤瓦の7層の天守がとても美しい鶴ヶ城は、日本100名城の一つに数えられており、2013年に放映された大河ドラマ「八重の桜」の舞台としても注目を集めました。
鶴ヶ城は現在、会津のシンボルとして地元住民や観光客に親しまれており、博物館となっている天守内部にて、会津の歴史を知ることができます。また、鶴ヶ城から見える景色も抜群であり、5層からは会津若松市や磐梯山が望めるため、鶴ヶ城に訪れたときは上階まで上ってみてはいかがでしょうか。
鶴ヶ城を含めた鶴ヶ城公園は69,000坪ほどもの広さがあり、広大な敷地内には石垣や茶室などの見どころや、軽食が食べられるサービスコーナー、会津のお土産を取り扱う売店があるため、休憩を挟みながらゆっくりと散策できます。
鶴ヶ城公園は豊かな自然にあふれ、桜や紅葉と四季折々の景色を楽しめるため、年間を通して各地から多くの観光客が訪れるだけではなく、朝の散歩やジョギングなどで訪れる地元住民の方も多くいます。
鶴ヶ城へのアクセスは、電車の場合、最寄り駅のJR会津若松駅から徒歩35分ほどかかります。会津若松駅から少し遠いため、クルマやバスでアクセスすると良いでしょう。クルマの場合、会津若松駅から鶴ヶ城までは15分ほどで到着します。

鶴ヶ城の駐車場活用

鶴ヶ城には「西出丸駐車場」「東口駐車場」「南口駐車場」の3ヶ所に駐車場が用意されているため、クルマでのアクセスが可能です。
西出丸駐車場は200台ほど、東口駐車場は120台以上、南口駐車場は30台以上が収容可能で、駐車料金は最初の1時間が200円となっています。その後、1時間ごとに100円加算されていくため、長時間利用になる場合は注意しましょう。
このほかにも臨時駐車場として三の丸駐車場があり、30台以上収容可能です。こちらもほか3ヶ所と同じ駐車料金がかかります。
駐車場の場所はそれぞれ異なり、鶴ヶ城に近い駐車場は西出丸駐車場です。収容可能台数も多いため、鶴ヶ城に訪れたときはこちらを利用すると良いでしょう。東口駐車場、南口駐車場は西出丸駐車場より鶴ヶ城から少し離れていますが、園内を散策しながら鶴ヶ城に向かうときはぴったりの場所です。目的に合わせて、クルマをとめる駐車場を選びましょう。
観光シーズンは駐車場が混雑することもあるため、若松駅周辺の時間貸駐車場(コインパーキング)にクルマを止め、まちなか周遊バスの「ハイカラさん」を利用してアクセスするのもオススメです。また、最大料金が設定されている駐車場や事前に車室が確保できる予約制駐車場の利用も検討しておきましょう。

鶴ヶ城で歴史を楽しむ

室町時代はじめに建設された鶴ヶ城は、現在、幕末時代の赤瓦をまとった日本唯一の天守閣として会津若松市のシンボルになっています。そんな鶴ヶ城には歴史を感じる見どころが多くあり、観光客もよく訪れます。
鶴ヶ城は現在、「鶴ヶ城博物館」として多くの国指定重要文化財を展示しているほか、会津の歴史や戊辰戦争の資料なども見られるようになっています。1層は会津の歴史、2層は武器や武具の展示、3層は戊辰戦争の資料、4層は保科公画や白虎隊画を展示しています。また、これら常設展示にくわえ、企画展も随時開催しており、会津の歴史をより知ることができます。
このほかにも、鶴ヶ城を出て少し歩いた先には県指定重要文化財である「茶室麟閣」があり、自然に囲まれた茶室のなか、茶会に参加できます。茶室麟閣は千利休の子・少庵が建てたといわれており、戊辰戦争後に城下に保存されていたものを1990年に鶴ヶ城公園内に移築復元されました。
さまざまな見どころがある鶴ヶ城ですが、旅の記念にもなる御城印を観光受付にてもらうことができます。御城印とは、神社でもらう御朱印に似たもので、お城を訪ねたことを記録するスタンプのようなものです。御城印帳も取り扱っているため、鶴ヶ城の御城印帳に貰うのも良いでしょう。
このように鶴ヶ城には歴史を感じる見どころが多く、地元住民や観光客が訪れます。休日や観光シーズンは駐車場も混雑するため、クルマで訪れる場合は午前中の早めの時間に訪れるのがオススメです。

鶴ヶ城のイベントを楽しむ

鶴ヶ城では定期的に多様なイベントが開催しています。春には毎年、4月上旬から5月上旬までの間「鶴ヶ城さくらまつり」が行われ、昼間はもちろん、夜も桜や鶴ヶ城がライトアップされるため多くの花見客が訪れます。鶴ヶ城の桜はさくら名所100選に指定されており、敷地内には1,000本ほどの桜が植えられているため圧巻です。大河ドラマ「八重の桜」で主役を務めた綾瀬はるかさんにより命名された「はるか」という新種の桜も咲いているため、ぜひさくらまつりに訪れたとき見てみましょう。
また、ライトアップは春だけでなく、秋も行われています。鶴ヶ城公園内の木々が紅葉に染まる時期にもライトアップされ、鶴ヶ城や石垣といった見どころが色鮮やかに照らし出されているのを見ながら散策が楽しめます。
ライトアップ以外にも茶室麟閣で体験できる茶会や楽市をさらに発展させた十楽という制度を再現した物産イベント、会津彼岸獅子といった春の訪れを喜び合うイベントなどが年間を通して開催され、多くの人で賑わいます。
このように鶴ヶ城では定期的にイベントが開催され、当日は多くの観光客や地元住民で賑わい、駐車場も混雑します。混雑を避けるため、早めに訪れるか、パークアンドライドの利用を検討しましょう。

鶴ヶ城周辺の観光スポット

鶴ヶ城周辺のおでかけスポットを紹介します。

  • 会津葵シルクロード文明館
    「会津葵シルクロード文明館」は鶴ヶ城から徒歩5分ほどのところにある美術館です。館内ではシルクロードや南蛮文化を伝える資料が300点ほど展示されているほか、和菓子の老舗店も入っており、ゆっくりとカフェタイムを過ごすのにも最適です。駐車場を完備していますが、台数に限りがあるため周辺の駐車場情報も確認しておきましょう。

  • 会津武家屋敷
    鶴ヶ城からクルマで10分ほどのところにある「会津武家屋敷」は歴史テーマパークとして、福島県の重要文化財や資料館などがあります。38部屋もある家老屋敷は特に見どころで各部屋には生活調度品が置かれ、当時の生活の様子を見ることができます。ほかにも茶室や手作り体験館、時代衣装を着て記念撮影ができる御写真処と、子供から大人まで楽しめる魅力がたくさんあります。100台ほど収容可能な無料駐車場が完備されており、クルマでアクセス可能です。
このように鶴ヶ城周辺には観光スポットが点在しており、駐車場を完備しているところも多いですが、台数に限りがある場合があるためクルマで訪れるときは事前に目的地の駐車場情報を調べておくと良いでしょう。

まとめ

鶴ヶ城は自然が豊かで歴史を感じる見どころも多数ある観光スポットで、地元住民や観光客が多く訪れます。桜や紅葉のシーズンはライトアップが行われることもあり、特に混雑しやすいです。クルマで訪れる場合は周辺の駐車場情報も調べておくと良いでしょう。
「タイムズのB」の駐車場予約サービスなら事前に車室が確保できるため、混雑が予想される時期でもスムーズにクルマがとめられます。おでかけの際、ぜひご利用ください。
また、タイムズのBでは空きスペースを駐車場として貸し出してくださるオーナー様を常に募集しております。初期費用無料で、お気軽に土地活用してみませんか?思わぬ副収入になるかもしれません。詳しくは資料ダウンロード(無料) で、ご確認いただけます。ぜひご相談ください!

周辺の主要スポット

  • 駐車場写真

    読み込み中...