駐車場を探す

ご利用ガイド

おすすめ情報

駐車場を貸す

法人のお客様

サポート

パーク24グループサービス

福岡市博物館近くの予約できる駐車場

福岡市博物館近くの予約できる駐車場

福岡市博物館

知っておきたい!
駐車場選びのポイント

料金相場
福岡市博物館の専用駐車場は250台ほど収容可能で、無料で利用することができます。
混雑回避
周辺の駅にクルマをとめてバスに乗るなど、パークアンドライドの利用も検討しましょう。
イベント
常設展示のほか、特別展、企画展が多く催され、休日は駐車場の混雑が予想されます。(39)
福岡市博物館

  • 9

新着レビュー

周辺の時間貸駐車場(予約不可)

福岡市博物館近くの優待サービス

近くに割引や特典のある施設があります。
タイムズのBご予約時に入会いただく、タイムズクラブ会員ならどなたでもご利用できます。

タイムズクラブ(無料)に入会して 今すぐ「タイムズのB」を利用しよう

1日単位の定額料金で、出し入れ自由!
全国の駐車場をWebから予約できるサービスです

法人入会はこちら

福岡市博物館の特徴

福岡市博物館は1990年に開館した、福岡県福岡市早良区の博物館です。「FUKUOKA アジアに生きた都市と人びと」をテーマとする常設展示のほか、年間を通して行われるさまざまな特別展示・企画展示を楽しむことができます。また、小学校や公民館での出前学習や体験学習も行っており、教育普及事業にも力を入れています。館内には喫茶・談話室があり、館内をまわったあとは、ここで食事をとるのも良いでしょう。さらに正面ゲート前の池のまわりではピクニックができるようになっており、休日は家族やカップルで訪れる人の姿も見られます。
福岡市博物館へは福岡市地下鉄の西新駅から徒歩で15分ほど、クルマの場合は福岡都市高速道路の百道ランプから3分ほどで到着します。また、周辺の駅からはバスも多数出ており、博多駅からは25分ほど、天神駅からは20分ほど、西新駅からは10分ほど、藤崎駅からも10分ほどでアクセス可能です。これらの駅周辺にクルマをとめて、バスで向かうのも良いでしょう。

福岡市博物館の駐車場活用

福岡市博物館には250台ほど収容可能な専用駐車場があり、無料で利用することができます。しかし休日は駐車場の満車状態と、それにともなう入場規制、周辺道路の混雑が予想されます。そのため早めに向かうか、事前に周辺の駐車場を調べておくと良いでしょう。また、福岡市博物館の公式Twitterでは、展示に関する情報以外に、駐車場の混雑状況もお知らせしていますので、おでかけ前にチェックしてみてはいかがでしょうか。
福岡市博物館は、周辺の駅からバスを使ったアクセスが充実しているため、駅周辺の時間貸駐車場にクルマをとめてバスに乗るのもオススメです。時間貸駐車場(コインパーキング)を利用する場合、駐車料金や最大料金、バスの乗り場などを確認しておくと安心です。確実にクルマをとめたい場合は事前に車室を確保できる予約制駐車場の利用を検討すると良いでしょう。

福岡市博物館で常設展示を楽しむ

福岡市博物館の常設展示では、福岡の歴史・文化を26000年前から遡り、現代までの変遷を辿ることができます。
なかでも目を引くのが、「漢委奴国王」のフレーズで知られる「金印」です。金印は福岡県の志賀島で発見され、1931年に国宝に指定されました。学校の教科書にも登場し、重要な文化財として知られています。福岡市博物館の常設展示にある金印は、レプリカではなく本物です。また撮影については、個人利用に限り可能となっています。ただし、フラッシュや自撮り棒の使用、ガラスに触れての撮影など禁止事項もあるため、写真撮影の注意事項については公式ホームページで確認しておくと安心です。

福岡市博物館の特別展示・イベントを楽しむ

福岡市博物館では、特別展示室と企画展示室を利用してさまざまな展示が催されています。福岡の歴史や日本の伝統芸能、海外の世界遺産、恐竜、ミイラなど多岐にわたるテーマの展示は、人々の興味をそそります。2021年には特別展示室の「徳川家康と歴代将軍〜国宝・久能山東照宮の名宝〜」と、企画室の「天下取りと黒田孝高・長政」、オンラインゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」がコラボレーションするイベントも開催され、賑わいを見せました。

福岡市博物館では、年間をとおしてさまざまな企画展、特別展、それに伴うイベントも催され、休日やイベント当日は館内・駐車場ともに混雑が予想されます。混雑を回避するためには早い時間に訪れるほか、西新駅や藤崎駅、天神駅、博多駅周辺の時間貸駐車場(コインパーキング)や予約制駐車場にクルマをとめて、バスで福岡市博物館に向かうパークアンドライドも検討しましょう。

福岡市博物館の見どころ

福岡市博物館には、ほかにもたくさんの見どころがあります。

黒田記念室
福岡市博物館には、福岡藩主、黒田家の資料を中心に紹介する「黒田記念室」があります。その中には黒田家の肖像画や甲冑、書物などを展示しています。なかでも注目を集めるのは国宝・刀 名物「圧切長谷部」、国宝・太刀 名物「日光一文字」です。これらは「黒田家名宝展示」のコーナーで見ることができます。ただ、黒田記念室の展示内容は1ヶ月ほどで変更になるため、いつ頃なにが展示されているか公式ホームページで確認すると良いでしょう。

博物館入り口
福岡市博物館には3.75mのブロンズ像があり、訪れた人を迎えるように立っています。男性の像が左側に2体、女性の像が右側に2体あり、それぞれ「雄弁」「力」「勝利」「自由」という名前がついています。これは近代彫刻の巨匠、エミール・アントワーヌ・ブールデルの作品で、福岡市の市政100周年記念として、パリの美術館からやってきました。入館する前に足をとめて、じっくりと見てみてはいかがでしょうか。

福岡市博物館周辺の観光スポット

福岡市博物館からクルマでアクセスできる観光スポットを紹介します。

  • 福岡タワー
    福岡市博物館からクルマで2分ほどのところにある「福岡タワー」は「空と海が出会う場所」をテーマとする展望台です。全長が234mある日本一の海浜タワーで、空と海の景色を同時に楽しめるほか、レストランもあるため食事をとることもできます。
    第1駐車場・第2駐車場があり、駐車料金は最初の2時間は300円、以降20分ごとに100円、1日最大料金は1,000円です。しかし、福岡PayPayドームでイベントが行われる日は特別料金となるため、事前にチェックしておきましょう。

    ・福岡市美術館
    福岡市博物館からクルマで15分ほどのところにある「福岡市美術館」は、重要文化財や現代美術作品などの幅広いコレクションを保存する美術館です。特に2階の屋外広場に展示されている草間彌生の「南瓜」はビビッドな色と特徴的な水玉模様で存在感を放っています。
    20台以上収容可能な専用駐車場があり、1時間あたり200円で利用することができます。休日は大変混み合うため、時間貸駐車場(コインパーキング)を利用するか、周辺の駅にクルマをとめてバスで向かうことも検討しましょう。


このように福岡市博物館周辺には観光スポットが点在しており、展示を楽しんだあと、そのまま出かけることができます。休日には駐車場の混雑が予想されるため、周辺の駅近くの時間貸駐車場(コインパーキング)や、予約制駐車場にクルマをとめて目的地へ向かうパークアンドライドも検討しましょう。

福岡市博物館周辺の駐車場をお探しなら「タイムズのB」

福岡市博物館ではさまざまな展示が催され、休日には多くの来場者が訪れるため、駐車場が満車になる可能性があります。周辺駅の時間貸駐車場にクルマをとめてバスに乗るパークアンドライドがオススメです。確実にクルマをとめたい場合は事前に車室を確保できる予約制駐車場の利用を検討すると良いでしょう。

「タイムズのB」の駐車場予約サービスなら、事前に車室を予約できるため、空きのある駐車場を探さず、スムーズに駐車できます。福岡市博物館におでかけの際、ぜひご利用ください。 タイムズのBは駐車場を「貸したい方」と「借りたい方」をWEBでつなぐサービスです。使い方はとっても簡単!登録された全国の「空きスペース」から借りたい場所を見つけてWEB予約するだけ!
料金や立地を事前にWEBから確認できるため、当日現地であわてることなく快適におでかけできます♪おでかけはもちろん、引越しや来客時の一時的な駐車スペース確保にもおすすめです!

また、タイムズのBでは空きスペースを駐車場として貸し出してくださるオーナーを募集しております。 初期費用無料で、お気軽に土地活用してみませんか?思わぬ副収入になるかもしれません。 詳しくは資料ダウンロード(無料) で、ご確認いただけます。ぜひご相談ください!

周辺の主要スポット

  • 駐車場写真

    読み込み中...